DAHON 2018年モデル:またぎやすい低床フレームが復活「Ciao」

フォールディングバイクブランド「DAHON(ダホン)」の2018年モデルでは、久々に「Ciao(チャオ)」が復活しています。株式会社アキボウ取り扱いの「DAHON」モデルです。

フレームが大きく湾曲したデザインで、またぎやすいのが最大の特徴です。

フレーム素材はアルミ。スカートの女性が乗ることを念頭においていますが、もちろん誰が乗ってもOKですよ。

フェンダー(泥除け)が標準装備です。

適度に手前に向けられたハンドルポスト。

こちらは別のフレームカラー。サドルとグリップのカラーはブラウンです。

タイヤは20×1.5(ETRTO406)、リアディレーラーは7段変速となっています。

カラーはカーキとストームグレーの2色。重量は12.1kgで、価格は74,000円(税別)となっています。

リンク: DAHON OFFICIAL SITE – ダホン 公式サイト

※本稿執筆段階では2018年モデル未掲載
※株式会社アキボウ取り扱いの「DAHON」モデル

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like