Cannondale 2018年モデル:写真で見るCAAD Optimo Tiagra

Cannondale(キャノンデール)のロードバイク・ランナップにおいてエントリーモデルを役割を担っているのが「CAAD Optimo」。CAAD12を彷彿とさせるデザインのアルミフレームが特徴です。

今回紹介するのは、2018年モデルのシマノ・ティアグラ完成車「CAAD Optimo Tiagra」です。写真のカラーはレッドとなっていますが、ホワイト×レッドですね。もう1色、ブラック×グリーンの「レプリカ」があります。

「CAAD Optimo Tiagra」の価格は125,000円(税別)。また、シマノ・ソラ完成車の「CAAD Optimo SORA」もあり、そちらの価格は105,000円(税別)となっています。

リンク: Cannondale Bicycles

※本稿執筆段階ではティアグラ完成車がWeb未掲載、他モデルは2017と2018が混在して掲載されています。

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like