Boschが電動アシスト自転車ユニットを日本市場に投入へ

Bosch(ボッシュ)が、ついに電動アシスト自転車のユニットを日本市場に投入します。

ボッシュ株式会社は7日、2017年より日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入すると発表しました。

ヨーロッパでは数多くのメーカー・ブランドがeBike用のユニットとして採用している、「Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)」。その最新シリーズである「Active Line Plus」を搭載した自転車が、日本で発売されることになります。リリースによれば、それは『人気輸入自転車ブランド』であるとされ、また、2017年10月に開催される「第45回東京モーターショー」において自転車を出展するとも発表しています。

「Active Line Plus」は、Drive Unit(モーター)、PowerPack 300(バッテリー)、Intuvia(ディスプレイ)、Charger(チャージャー)がセットになった電動アシスト自転車用システム。同社は、このシステムを搭載した電動アシスト自転車を販売する店舗に対して、コールセンター、ワランティ対応、スペアパーツの供給および技術サポートなどの販売サポートを提供。また、日本国内におけるサービスパートナーは、インターテックが務めるとのことです。

リンク: プレミアム電動アシスト自転車用ユニット 『Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)』 2017年に日本市場へ参入 第45回東京モーターショー2017で日本初出展 | プレスリリース | ボッシュ・イン・ジャパン

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like