GT 2018年モデル:グラベルロードゆずりの走行性能を持つクロスバイク「VIRAGE COMP」

質実剛健かつ走りの良さで、根強い人気があるGT(ジーティー)のクロスバイク。2018年モデルの中核モデルは、この「VIRAGE COMP(ヴィラージュ・コンプ)」です。

2017年モデルでは、グラベルロードのフレームを用いた「GRADE FB」が中核モデルだったGTのクロスバイクですが、2018年モデルの設定は無し。そのかわり新たに登場したのが「VIRAGE COMP」です。

ややゆったり目に見えるフレームは、同社のクロスバイク「TRAFFIC COMP(トラフィック・コンプ)」シリーズに似ていますが、スチールフォークのTRAFFIC COMPに対して、こちらのVIRAGE COMPはシャープなアルミフォークを採用しています。

そして、機械式のディスクブレーキを装備します。ブラックのリムとシルバーのスポークの組み合わせが、なかなかかっこいい。

タイヤは700×32C。フレームとのクリアランスをみる限り、もう1〜2サイズ太いタイヤもいけそうです。

フレームは、もちろんGTならではのトリプルトライアングルデザイン。

「トリプルトライアングルのアルミフレーム+アルミフォーク+機械式ディスクブレーキ+太めのタイヤ」という組み合わせ自体は、GRADE FB COMPと同じですが、VIRAGE COMPのほうが、よりクロスバイクらしいデザインになっています。

メインコンポーネントはシマノ・アセラで、前3段×後8段の24段変速。サイズはS、M、Lの3種類で、価格は64,800円(税別)です。

リンク: トップページ – GT公式サイト | ジーティー MTB

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like