Cannondale 2018年モデル:SAVEマイクロサスペンションがさらに進化したエンデュランスロード「SYNAPSE」

Cannondale(キャノンデール)が、エンデュランスロード「SYNAPSE(シナプス)」の2018年モデルを発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

初代SYNAPSEがキャノンデール初のカーボンロードバイクとして登場したのが、2005年(2006年モデルとして)。

キャノンデール=アルミというイメージが強かった当時、初のカーボン、しかも当時流行しつつあった「グランフォンド系」ということでいろいろ言われたりもしていたわけですが、気がつけば10年を超えてラインナップに名を連ねています。

photo_キャノンデール・ジャパン

長距離を速く快適に走ることができる、SYNAPSE。今回登場した2018年モデルでは、キャノンデールが誇る振動吸収テクノロジー「SAVEマイクロサスペンション」がさらに進化し、新開発の「SAVEシステムバー」が搭載されています。

photo_キャノンデール・ジャパン

一見するとステム一体型に見えるSAVEシステムバーは、Hi-MOD(ハイモッド)フレームのグレードに採用。ハンドルバーの水平部分がしなることで、路面からの不快な振動をカットします。ステムは複数サイズ用意されるので交換・調整が可能で、ハンドルバーの取り付け角度もユーザーに合わせて調整できるようになっています。ガーミンマウントとFabric製「ルマレイ ライト」も付属し、ハンドル周りをスッキリとさせています。

[2017/8/29追記]スペック変更がありました。

SYNAPSE Hi-MOD DISC DURA ACE Di2:ハンドルバーは「ENVE Carbon Road Compact Handlebar」、ステムは「ENVE Carbon Stem」となります。

SYNAPSE Hi-MOD DISC DURA ACE:ハンドルバーは「Cannondale Escape Hanger Carbon Handlebar」、ステムは「C1 Ultralight Alloy Stem」となります。

SAVEシステムバーの本生産にあたり課題が見つかり、2018年モデルでの採用は見送られます。

再設計され従来のハイモッドフレームよりも220g軽くなったというフレームは、左右非対称デザインで、しかもシートチューブの下部が双胴になっているのが特徴でしょう。フォークコラムのサイズやフォークオフセットはフレームサイズに応じて3種類から使い分けることで、各サイズで最適な性能を目指しています。

フレームのタイヤクリアランスは32mm幅タイヤまで対応し、フルフェンダーも装着可能です。

以下、2018年モデル新型SYNAPSEのラインナップです。

●SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE Di2

photo_キャノンデール・ジャパン

[2017/8/29画像差し替え]

フレーム:NEW Synapse Disc, BallisTec Hi-MOD Carbon
メインコンポーネント:シマノ・デュラエース Di2
タイヤサイズ:700×28C
価格:1,050,000円(税別)

※SAVEシステムバー採用モデル

●SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE

photo_キャノンデール・ジャパン

[2017/8/29画像差し替え]

フレーム:NEW Synapse Disc, BallisTec Hi-MOD Carbon
メインコンポーネント:シマノ・デュラエース
タイヤサイズ:700×28C
価格:650,000円(税別)

※SAVEシステムバー採用モデル

●SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA

photo_キャノンデール・ジャパン

ハイモッドではないカーボンフレームのアルテグラ搭載モデルです。

フレーム:NEW Synapse Disc, BallisTec Carbon
メインコンポーネント:シマノ・アルテグラ
タイヤサイズ:700×28C
価格:340,000円(税別)

●SYNAPSE CARBON DISC 105

フレーム:NEW Synapse Disc, BallisTec Carbon
メインコンポーネント:シマノ・105
タイヤサイズ:700×28C
価格:280,000円(税別)

●SYNAPSE DISC 105 SE

photo_キャノンデール・ジャパン

アルミフレームのSYNAPSEも新型で登場。「SE」は30Cタイヤを標準装備しています。

フレーム:NEW Synapse Disc, SmartForm C2 Alloy
メインコンポーネント:シマノ・105
タイヤサイズ:700×30C
価格:170,000円(税別)

●SYNAP DISC TIAGRA

photo_キャノンデール・ジャパン

フレーム:NEW Synapse Disc, SmartForm C2 Alloy
メインコンポーネント:シマノ・ティアグラ
タイヤサイズ:700×28C
価格:125,000円(税別)

●従来型カーボンフレーム採用のキャリパーブレーキモデル

・SYNAPSE CARBON ULTEGRA:270,000円(税別)
・SYNAPSE CARBON 105:240,000円(税別)

新型SYNAPSEシリーズの詳細は、下記リンク先でどうぞ。

リンク: 2018Synapse Cannondale Bicycles

[2017/8/29追記]

リンク: Cannondale Bicycles

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like