GIANTが本格スポーツ性能をもつクロスバイク「ESCAPE RX」シリーズの2018年モデルを発表

GIANT(ジャイアント)が、高いスポーツ性能が特徴のクロスバイク「ESCAPE RX(エスケープRX)」シリーズの2018年モデルを発表しています。2017年6月下旬より順次発売予定です。

photo_ジャイアント

大ベストセラーのクロスバイク「ESCAPE R」シリーズをよりスポーティーにしたモデルとして、2011年モデルから登場した「ESCAPE RX」シリーズ。その後モデルチェンジを経て、よりスポーティかつ、より快適な方向に進化を遂げてきました。

エントリーグレードのアルミロードバイクと遜色ない、場合によってはそれらを凌駕する性能を持ちながら、クロスバイクらしい乗りやすさを備えているのがESCAPE RXシリーズの大きな魅力。2016年モデルから登場している現在の世代のESCAPE RXシリーズは、ケーブル内蔵式のフレームとして質感を高めています。

3つのグレードがあるので、順番に見ていきましょう。

●ESCAPE RX 3

ESCAPE RXシリーズのベーシックモデルで、フィットネスライドや通勤・通学など普段使いにもぴったり。もちろんロングライドもOKです。

photo_ジャイアント

ESCAPE RX 3に使われているフレーム素材は、GIANTが「ALUXX SL-Grade Aluminum」と名付けた軽量アルミ。実はひとつ前の記事で紹介した「CONTEND」よりもグレードが高いフレームなんです。

photo_ジャイアント

フロントフォークは軽量なアルミ製で、シャープなハンドリングを実現しています。そしてタイヤはもちろん700×28C。舗装路を軽快に走行できます。

photo_ジャイアント

シートポストはD型断面形状の「D-FUSE ALMINUM」。一般的なシートポストとは互換性がないので、その点は注意が必要です。

photo_ジャイアント

555(L)mmという大きなフレームサイズも用意されています。

<ESCAPE RX 3>
フレーム:ALUXX SL-Grade アルミ OLD130mm
フォーク:アルミ
コンポーネント:シマノ・アルタス
変速段数:3×9
前ギア:48/36/26T
後ろギア:11-32T(9S)
タイヤ:700×28C
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、555(L)mm
重量:10.4kg(465mm)
カラー:グリーン、ブラック、ブルー、ホワイト
価格:65,000円(税別)

●ESCAPE RX 2

ひとつ上のグレードである「ESCAPE RX 2」は、より快適性を高めています。

photo_ジャイアント

フロントフォークがカーボン製となっていて、路面からの不快な振動を吸収してくれるのです。

photo_ジャイアント

フレームカラーは2種類で、どちらもマット仕上げとなっています。

<ESCAPE RX 2>
フレーム:ALUXX SL-Grade アルミ OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite、アルミコラム
コンポーネント:シマノ・アルタス、アリビオ
変速段数:3×9
前ギア:48/36/26T
後ろギア:11-32T(9S)
タイヤ:700×28C
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、555(L)mm
重量:10.3kg(465mm)
カラー:マットオレンジ、マットブラック
価格:76,000円(税別)

●ESCAPE RX 1

最後に、最上位グレードの「ESCAPE RX 1」です。

photo_ジャイアント

ESCAPE RX 1には、ロードバイク用のコンポーネント「シマノ・ティアグラ」が搭載されています。ESCAPE RXシリーズのフレームは、RX 3のところで紹介したように、エントリーグレードのロードバイクよりも格上のアルミ素材を用いています。RX 1は、かなりロードバイクに近いと言えるでしょう。

photo_ジャイアント

それでいながら、ハンドルはもちろんフラット形状ですし、ブレーキもクロスバイクでおなじみの「Vブレーキ」。タイヤサイズも700×28Cと、ESCAPE RX 3や同2と同じです。乗車姿勢も変わりありません。

これはもう完全に、「アルミロードバイクの走りと、クロスバイクの乗りやすさが一度に手に入る」スポーツバイクと言えます。マットブルーのフレームにマットブラックのカーボンフォーク、そしてカーボンシートポストを装備するなど、質感も十分です。

<ESCAPE RX 1>
フレーム:ALUXX SL-Grade アルミ OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite、アルミコラム
コンポーネント:シマノ・ティアグラ
変速段数:2×10
前ギア:50/34T
後ろギア:11-32T(10S)
タイヤ:700×28C
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、555(L)mm
重量:9.9kg(465mm)
カラー:マットブルー
価格:100,000円(税別)

以上、選考発表された2018年モデルのGIANT ESCAPE RXシリーズでした。

リンク: Giant Bicycle

関連記事: あなたにおすすめのクロスバイクはコレ!2017-2018年バイヤーズガイド – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like

One thought on “GIANTが本格スポーツ性能をもつクロスバイク「ESCAPE RX」シリーズの2018年モデルを発表

Comments are closed.