BRI-CHAN:TOTEBOX largeをカスタムしてシティサイクルもサドル高が大事だと再認識した

毎週金曜日は、ブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN(ブリチャン)」を更新しています。今週はシティサイクルのカスタムネタです。

カスタムしたのは、ブリヂストンの「TOTEBOX large」というモデル。丈夫なキャリアと大きなコンテナ風バスケットが特徴の、荷物がたくさん運べるシティサイクルです。

リンク: LARGE|TOTEBOX|BRIDGESTONE GREEN LABEL

バスケットはこんな感じです。買い物の荷物、仕事鞄、遊び道具——ドンと来い。純正オプションでクーラーバッグやペットバッグまであります。

低重心かつロングホイールベースで、思いの外よく走りますし、ハンドルロック&オートロックスタンドといった安全装備に加え、荷物をたくさん積んだ際の「押し歩きのしやすさ」まで考えられています。

しかし、個人的にはどうしても気になることがありました。

このTOTEBOX large、「large」というからには「small」もあって、もちろんlargeのほうが大きいのですが。

largeをもってしても、大柄な人にはサドル高が足りない!

サドル地上高は790〜950mmなのですが、これだと身長が175cmを超えるような人は、膝が窮屈に感じるはずです。のんびり走っているときはそれでも構いませんが、もう少し巡航速度を上げたいなぁ……というときには少し困ってしまいます。膝に負担もかかりますし。

「largeというよりmediumでは……」と思いつつも、まぁlargeのもうひとつ上なので「extra large」と言えばよいのでしょうか、とにかくサドルをもう少し高くできるようにしたかったのです。

というわけで、できあがったのがこちら。今回は「提案」ということで、チャイルドシートも装着してみました。

パーツ交換により、サドルも純正より高くなりました。

詳細はBRI-CHANの記事をごらんいただくとして、乗ってみて驚いたのは、チャイルドシートの分だけ確実に重たくなっているのに、サドル高が適正になったことでペダリングがしやすくて、走りがスムーズかつ快適になったことです。5km以内の移動が主な用途であったとしても、これは効果絶大です。

シティサイクルでもやはり、サドル高を適正にすることは重要だと再認識しました。

カスタム内容の詳細は、BRI-CHANにて。

丈夫なキャリアと大きなバスケットを標準装備して、カーゴバイクっぽい雰囲気もあるブリヂストンのシティサイクル「TOTEBOX」。もし自分がシティサイクルを手に入れて毎日使うなら、こんなのがいいなぁ〜とは思っていたのですが、ひとつだけ難点がありました。「small」と「large」があるTOTEBOXですが、身長が180cmを超えると、largeをもってしても、少し小さいのです。

関連記事: TOTEBOX largeをカスタムして「TOTEBOX extra large」を作ってみた – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like