RITEWAY 2018モデル:フロントシングルと割り切りつつ拡張性もある「SHEPHERD」

ライトウェイプロダクツジャパンのオリジナルブランド「RITEWAY」から、2018年モデルが発表されました。今回はクロスバイクの「SHEPHERD(シェファード)」を紹介します。

2017年モデルの「SHEPHERD CITY」はフロントリプルのクロスバイクでしたが、2018年モデルの「SHEPHERD」は、フロントシングルになっています。

主に街中での利用を想定した、割り切った構成になっていると言えるでしょう。普及価格帯のモデルとしてはきれいに仕上げられたチェーンリングのガードや、チェーン落ちを防ぐチェーンウォッチャーが装備されています。

フロントの変速がないので、ハンドル周りは少しスッキリ。なお、この写真にはありませんが、シリコン製でステムに取り付けるタイプの汎用スマートフォンマウントが標準で添付されます。

浅い溝があって、ほどほどにスポーティーなサドル。

シマノのVブレーキを採用しています。

リアキャリア用のダボが、フレームの内側に設けられています。取り付け作業は少々面倒になりますが、見た目はスッキリしますね。

ボトルケージ台座はダブル……と思ったらダウンチューブ下にもありました。標準状態では街乗り仕様ですが、ツーリングバイクにカスタムすることもできます。

サイズ展開が特徴的で、460サイズが24インチホイール、510サイズが26インチホイール、570サイズは700Cホイールと、フレームサイズによってホイールサイズも変えてあります。

同社はRITEWAYブランド以外にもGTやFELT等の取り扱いブランドがあって、それぞれクロスバイクのラインナップがあるので、RITEWAYブランドでは他にはない特色を出してきたようにも見えます。

価格は55,800円(税別)となっています。

[2017/5/25 追記]

価格:55,800円(税別)
フレームサイズ:460(24インチ)、510(26インチ)、570(700C)
フレーム:6061アルミ
フォーク:6061アルミ
コンポーネント:シマノ・アルタス
変速段数:1×8
前ギア:700C=46T、26インチ&24インチ=48T
後ろギア:11-34T(8S)
タイヤ:700×38C/26×1.5インチ/24×1.5インチ

リンク: ライトウェイバイクブランドサイト

リンク: SHEPHERD | ライトウェイバイクブランドサイト

関連記事: あなたにおすすめのクロスバイクはコレ!2017-2018年バイヤーズガイド – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like