のんびり派からアグレッシブ派まで!今欲しい個性的なミニベロ2017年モデル5選

ときには小さな車輪のミニベロで、のんびりとサイクリングしたり、「小さいなりに」どこまでアグレッシブに走れるかチャレンジするのも楽しいものです。2017年モデルのミニベロから、個性的な5車種をピックアップします。

●RITEWAY GLACIER SW

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

価格:77,800円(税別)

20インチの小径車に、少ないストローク量ながら路面からのショックを確実に吸収するSRサンツアーの「スイングショク」を装備。しかも20×1.95という太いタイヤやディスクブレーキを装備した迫力の足回りが特徴。

情報源: GLACIER SW | ライトウェイバイクブランドサイト

●Tern Surge

photo_アキボウ

ETRTO451の20インチホイールと攻撃的なエアロフォルムが目をひくスポーティなモデル。ロングフォークでヘッドの位置を高くしたジオメトリーにより、安定したハンドリングを実現。

価格:89,000円(税別)

情報源: Surge | Tern Bicycles Japan

関連記事: Tern 2017年モデル:ROJI BIKES 第二世代の小径車「Surge」と「Crest」 – CyclingEX

●FUJI HELION R

photo_アキボウ

クラシカルテイストのスチールフレームながら、スポーツ走行もこなすミニベロ。ETRTO451の20インチホイールを採用し、メインコンポーネントはシマノ・クラリスを装備する。

価格:86,000円(税別)

情報源: HELION R|FUJI BIKE フジ自転車

●LOUIS GARNEAU MV 5FS

photo_アキコーポレーション

フルサスのマウンテンバイクのルックスを、そのままミニベロで再現。用途はシティライドとされているが、リアサスは調整機能を備え、フロントフォークはロックアウト機構付きと本格的だ。

価格:145,000円(税別)

情報源: MV 5FS エムブイ ファイブ エフエス / LOUIS GARNEAU / ルイガノ製品紹介

●GIANT MR4 R

photo_ジャイアント

24インチ・フォールディングバイクのMR4を「ミニベロ」の範疇に入れるべきか悩んだのも事実。しかしディーラーを通じて2017年モデル限りでの生産終了がアナウンスされているMR4を新車で手に入れるのは、今しかない。ロードバイクらしい軽快感がありながら、リアサスが路面の変化を捉えるその乗り味は独特。

価格:160,000円(税別)

情報源: 2017 Giant Bicycle [MR4 R]

情報源: 折りたたみ車「MR4」生産終了のお知らせ – ジャイアントストア堺

●ミニベロ選びで気をつけたいポイント

・タイヤサイズ

20インチと呼ばれるホイール&タイヤには、「ETRTO406」と「ETRTO451」の2種類があり、互換性がありません。

その他のサイズでも、ものによってはタイヤやチューブの選択肢がかなり限られることもあります。自転車を買うときに、必ず予備のチューブもいっしょに購入しましょう。

・フレームサイズ

「ミニベロ=小さい」かというと、一概にそうも言えないこともあります。パッと見た感じでは小さいけれど、意外とハンドルが低くて遠いことも。また、サイズ展開が少なめで、どうしても大柄な人にはサイズが合わないモデルが多いです。

以上、個性的なミニベロ2017年モデルを5つ紹介しました。

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like