BRI-CHAN:タイヤ交換で自転車をイメージチェンジ

毎週金曜日更新の「BRI-CHAN」。今回はメーカーからレトロイメージのドロップハンドルスポーツ車「CHeRO Drop」をお借りして、タイヤを取っ替え引っ替えしてみました。

_DSC7841

こちらが、標準状態のCHeRO Dropです。クロモリフレームにカンチブレーキ、そしてアメ色サイドの700×32Cタイヤが、懐かしいツーリング車のイメージ。

ただ、ちょっと「狙いすぎてる」という感じも、しないでもありません。

そんなCHeRO Dropですが、タイヤを交換することで印象は変わるでしょうか。

_DSC7864

細めの700×28Cタイヤに交換してみたり、

_DSC7894

逆に、ブロックパターンのある、太めの700×35Cに交換してみたり。

タイヤだけでも、自転車の走りとルックスは変わりますね。個人的には太い700×35Cが、現代的になって良いと思いました。

詳しくはBRI-CHANでごらんください。

関連記事: CHeRO Dropのタイヤを細くしたり太くしたりしてみた – BRI-CHAN

ちなみに、 BRI-CHANも1周年となりました。ありがとうございます!

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです