冬の江ノ島に陽が沈む

_dsc0016

2012年のクリスマス、天気が良いので江ノ島に夕陽を見に行こうと自転車で出かけ、期待通りの光景に出会うも、砂浜から吹き上がってくる冷たい風に凍えるのでした。

_dsc0056

富士山がくっきりと見えています。

_dsc0061

ひたすらに寒いけど、夕陽は綺麗。

_dsc0067

18時には真っ暗。片瀬江ノ島駅から輪行で帰宅しました。竜宮城をイメージした駅舎の前には門松が出されていました。

撮影日:2012年12月25日
撮影場所:片瀬東浜、片瀬江ノ島駅等

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

One thought on “冬の江ノ島に陽が沈む

Comments are closed.