カンパニョーロのディスクロード用ホイール「ZONDA DB」

G3スポークパターンで人気のミドルプロファイルホイール、Campagnolo ZONDA(カンパニョーロ・ゾンダ)。そのディスクブレーキバージョンである「ZONDA DB」が登場しています。

カンパニョーロとして初めてのディスクブレーキ用ホイールで、多様な走行シーン、そして多様なディスクロードにマッチするオールマイティなホイールです。

zondadb-antfront-2017-1920x0_ayybcp

フロントは、2/1.6/2mm径のステンレススチール製スポークを左側(ブレーキ側)に14本、右側に7本配置しています。そしてリアは、左側(ブレーキ側)に7本、右側(ドライブ側)に14本配置。また、ベアリングは調整が容易なカップ&コーン式を採用しています。

ディスクブレーキは6ボルト及びASF(センターロック)に対応。そしてQRバージョンとスルーアクスルバージョンが用意されます。

価格は下記の通りです。

●ZONDA DB

6ボルト・QR:77,500円
リンク: ZONDA DB (QR+6bolts) | RIOGRANDE

6ボルト・HH12:73,500円
リンク: ZONDA DB(Thru-Axle+6Bolts) | RIOGRANDE

ASF・QR:78,500円
リンク: ZONDA DB (QR+AFS) | RIOGRANDE

ASF・HH12:74,500円
リンク: ZONDA DB(Thru-Axle+AFS) | RIOGRANDE

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like