【週末PR特集】被視認性を高めよう!サイクリストが安全に走り続けるためにTREKが考えた「ABCコンセプト」【TREK】

【トレック・ジャパン × CyclingEX タイアップコンテンツ】

ひと昔前を比べると、自転車を取り巻く環境は大きく進歩しています。街中には自転車の通行環境が整備されるようになり、週末の郊外や観光地はホビーサイクリストでにぎわうようになりました。そして、自転車の交通安全に対する意識や取り組みも、日々高まっていると言えるでしょう。

そんな中、サイクリストの安全を確保するために、もっとできることがあるはずだ——そう考えたアメリカの大手スポーツバイクメーカー「TREK」は、クルマからの被視認性に着目しました。そして打ち出されたのが「安全のABCコンセプト」です。

ABCとは、下記の3つを指しています。

ALWAYS ON — デイライトを使用しよう
BIOMOTION — 動きのある体のパーツを目立たせよう
CONTRAST — 日中と夜間に適したギアを選ぼう

ここで着目すべきは、自転車の被視認性と言えば夜間のことばかりが議論されがちな中、TREKは日中の被視認性を高めるためにデイライト(日中のライト点灯)を推奨していること。実際にトレックが発表しているデータによると、日中にライトを点灯させることで、衝突事故に遭う確率が33%も減少できるそうです。またライトだけでなく蛍光色のウエアを活用することで、さらなる安全性を確保できるのも大きなポイント。それが理想論ではなく、実際に製品として世に出すことで、今すぐ実践できるソリューションであることも重要です。

TREKがサイクリストの安全を守るために提唱する「ABCコンセプト」。

その内容と、安全を実現するための製品についての情報は、下記リンク先からご覧ください。

リンク: 認知されるためのABC (JP) | Trek Bikes

abc_concept_bn

(制作:CyclingEX 提供:トレック・ジャパン)

You May Also Like