サイクリングのお供に欲しい「SONY DSC-RX100M3」

ただ単に「欲しい〜」という、だからどうした感の強い話ではあるのですが、サイクリングのお供にSONYのコンパクトデジタルカメラ「DSC-RX100M3」と思っています。家電量販店のカメラコナーで「ああ、いいな〜」と触流だけ触って、買わずに帰る日々です。

現在、サイクリングのときにスマートフォンとは別にコンデジ持っていきたいなぁ〜という場合に登場するのが、こちら。

161216_dsc-wx300_b

SONYの「Cyber-shot DSC-WX300」です。ちょっと遠くにあるものを撮るのにも便利な光学20倍ズームで、電池の持ちも比較的よく、重宝しています。もちろん、生産完了品。

リンク:DSC-WX300

3年半以上前のカメラですし、最新スマートフォンのカメラに対するアドバンテージも光学ズーム以外は薄れてきた感があり、何よりも、もうちょっとキレイに記録したいなぁと思うようになりました。

「そんなのiPhoneでいいじゃん」という声もあり、ある面では真実なのですが、そういう人に限って高級コンパクトや一眼で撮った画像をiPhoneにWi-Fi転送してからInstagramにアップしているので、注意が必要です。

そこで候補に上がったのが、同じくSONYの「DSC-RX100M3」というわけです。「M5」が出ているけど、あえての「M3」。

161216_dsc-rx100m3

リンク:DSC-RX100M3

1インチで裏面照射型CMOSセンサーを搭載、コンデジとしては大型のセンサーということになります。そして初代RX100よりも広角側になった24-70mm(35mm換算、光学2.9倍ズーム(24-70mm))、かつF1.8-2.8の明るいレンズが魅力です。個人的に、そんなにボケを欲しているわけではありませんが。

161216_dsc-rx100m3_other_001

有機ELファインダーも搭載されています。ちまちまとファインダーを使用している様は今となっては少々滑稽なのかもしれませんが、やっぱりあると便利ですよね。以前にPanasonicのEVF搭載コンデジを持っていましたが、なんだかんだでEVFばかり使っていました。

そして「あえてM3」と思うようになったのには、秋に下記のブログエントリーを読んでしまった影響も大きいです。

情報源: 史上最強のサブ機にしてSONY至高のコンデジ、「RX100シリーズ」最終購入ガイド : 超音速備忘録

これを読むと私は、私の場合は不思議と?M3が欲しくなります。で、新宿に出ればヨドバシカメラに寄ってM3を触り、アキバに行けばアキヨドに……という具合で、毎週のように触っては「いいなぁ〜」とつぶやいています。「でも今年はアクションカム買っちゃったしなぁ〜我慢かなぁ〜」などと思いながら。

pick_001



【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3

pick_002

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです