COLNAGO 2017年モデル:シクロクロスモデルの「PRESTIGE 105」と「A1-r CX 105」

COLNAGO(コルナゴ)の2017年モデルに用意されるシクロクロスバイクは「PRESTIGE 105」と「A1-r CX 105」の2種類で、完成車のみとなっています。

dsc06649

まずはPRESTIGE 105から。

●PRESTIGE 105

2016年1月に開催されたシクロクロス世界選手権で、エリートクラスを21歳という若さで制したベルギー人のワウト・ファン・アールト(Wout Van Aert)。彼が開発に携わったというシクロクロスレーサーです。

dsc06631

カーボンフレームで、軽さとレスポンスの良さを実現しているとのこと。メインコンポーネントはシマノ・105で、クランクはFC-RS500-L(46×36T)。

dsc06638

エンデュランス系ロードバイク「CX-ZERO」に通ずるチェーンステー形状です。

dsc06645

フラットマウントのディズクブレーキを採用します。

dsc06643

前後ともスルーアクスルです。

サイズは460S、490S、520S、550S、580S、カラーはEMIT(イタリー)とEMWC(ワールドチャンピオン)の2種類。価格は360,000円(税込)です。

●A1-r CX 105

続いて、A1-r CX 105。こちらはネーミングの通り、アルミロードバイク「A1-r」のシクロクロスバージョンで、105完成車のみが用意されています。

dsc06655

確かに、A1-rと同様のフレーム形状をしています。

dsc06656

この辺りの造形が特徴的です。

dsc06660

トップチューブの上にワイヤーが通っています。

dsc06664

もちろん前後ディスクブレーキですが、台座はポストマウント。また、スルーアクするではなく前後ともにQR仕様です。

サイズは460S、490S、520S、550S、580S、カラーはAXBB(ブラックオンブルー)とAXBK(ブラックオンホワイト)の2種類を用意。

価格は195,000円です。

リンク: コルナゴ – COLNAGO

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like