久々に復刻したSCHWINN STING-RAY

SCHWINN(シュウィン)を代表するクルーザー「STING-RAY(スティングレイ)」が、2017年モデルで久々に復刻します。

dsc07451

1960〜70年代にアメリカで少年たちに人気だった、シュウィン・スティングレイ。過去に何度か復刻したり、同名の別モデルが出たりしましたが、ここ数年日本では販売されていませんでした。小さな車体にスプリンガーフォークやバナナシート、メッキフェンダー等を採用し、当時の雰囲気を現代に伝えています。

dsc07391

ただし、スタイルはかつてのバリエーションモデル「KRATE」を再現しているように見えますが、今回のモデル名は単なる「STING-RAY」。過去の復刻モデルには「APPLE KRATE」等の名称が付いていました。

dsc07374

カラーは、レッドとイエローの2種類。

dsc07444

前輪は16×1.75インチ、後輪は20×2.125インチのスリックタイヤを履いています。

dsc07447

溝が入ったフロントタイヤ。

dsc07398

スリックで角が立った形状のリアタイヤ。

dsc07401

フレーム素材はスチールです。

dsc07382

スプリンガーフォークが目立ちます。

dsc07380

スティングレイには欠かせない、バナナシート。

dsc07394

もちろん「昔のまま」とはいきません。

dsc07388

オリジナルのスティングレイシリーズはチューブの接合部が滑らかに仕上げられていましたが(参考)、今回の復刻モデルは溶接痕が目立ちます。

dsc07384

ブレーキは、フロントがドラム式、リアがコースター式です。

価格は48,000円(税別)となっています。オリジナルをebay等で入手しようとするとかなりの値段になってしまいますが、復刻モデルなら毎日の足として気軽に乗りまわすことができますね。

リンク:SCHWINN(株式会社マルイ)

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like