KONA 2017年モデル:冒険心をくすぐるアドベンチャーツーリングモデル「ROVE ST」と「SUTRA LTD」

KONA(コナ)が力を入れているアドベンチャーツーリングバイクの中から、「ROVE ST」と「SUTRA LTD」の2017年モデルを紹介。どちらもクロモリフレームと700Cホイールを採用したドロップハンドルの自転車で、太いタイヤを装着できるようになっています。

●ROVE ST

_dsc3316

ROVE ST(ローブ ST)は、KONAを取り扱っているアキコーポレーションがサポートするアドベンチャーサイクリスト・西川昌徳氏も愛用するという、クロモリフレームのアドベンチャーツーリングバイク。

_dsc3341

ボトルケージ台座を3つ備えているので、ダブルボトル+ツールケースといった使い方も可能です。

_dsc3322

メインコンポーネントはSRAM・RIVALで、TRPの機械式ディスクブレーキも装備。

_dsc3332

フロントギアはシングルで、40Tを装備。

_dsc3337

リアは11速で、11-42Tのスプロケットでワイドなギアを実現。700×36Cタイヤと相まって、幅広い地形に対応するバイクになっています。

_dsc3329

フレームサイズは、48、49.5、51、54の4種類を用意。

価格は162,000円(税別)となっています。

●SUTRA LTD

KONAにはSUTRAというリアキャリアを標準装備したツーリングバイクがあるのですが、その上位モデルとして、ワイルドな旅に対応するのが、このSUTRA LTDです。

_dsc3350

こちらもフレームはクロモリです。

_dsc3371

ボトルケージ台座は、もちろん3つ装備。

_dsc3376

700×45Cサイズのタイヤを採用する足回りは、まるでMTBのよう。

_dsc3378

油圧ディスクで制動力もバッチリです。

_dsc3352

メインコンポーネントは。SRAM・RIVAL。

_dsc3362

こちらもフロントシングルで、36Tのナローワイドチェーンリングを装備しています。

_dsc3364

リアは11速で、10-42Tのスプロケット。

_dsc3354

フレームサイズは46、48.5、52、54の4種類があります。

価格は209,000円(税別)です。

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです