COLNAGO 2017年モデル:フレーム設計を一新したアルミロード「A1-r」

COLNAGO(コルナゴ)の2017年モデルとして発表された「A1-r」は、従来の「STRADA」に変わるアルミロード。フレームが一新され、ジオメトリーも改良されています。

dsc06691

角断面の形状ををしたアルミチューブという点はSTRADAと同じですが、トップチューブとダウンチューブがヘッドチューブに接続する部分では、チューブのボリュームが増しています。

dsc06694

写真ではわかりにくいですが、溶接部分の仕上げはきれいです。

dsc06710

上下異径のテーパーヘッドです。

dsc06714

カーボンストレートフォークを採用。

dsc06701

ワイヤー類は、フレーム内蔵になっています。

dsc06700

シートポストは31.6mm。

dsc06705

シートチューブは、下に行くほど太い形状。

dsc06697

タイヤは700×25Cを標準装備。

dsc06707

BBはプレスフィットです。

従来モデルのSTRADAは、上位モデルのジオメトリーを受け継いでいましたが、A1-rでは新たに独自のジオメトリーが与えられています。といっても、パフォーマンス重視のアルミロードバイクとしてはヘッドチューブが長めである点などは、相変わらずコルナゴらしいと言うことはできるかもしれません。

シマノ・105完成車で、価格は195,000円(税別)。また、ディスクブレーキバージョンも用意され、そちらは240,000円(税別)です。

コルナゴのWebサイトで、PDFのカタログが先行公開されています。詳細はそちらをごらんください。

リンク: コルナゴ – COLNAGO

リンク: Colnago | The most successful bikes in the world(本国サイト)

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like