KONA 2017年モデル:パワーアップしたクロモリディスクロード「ROADHOUSE」とお手頃な「WHEELHOUSE」

フラットマウントのディスクブレーキやテーパーヘッドなど、現代的なスペックを持つクロモリロードバイクとして話題になた、KONAの「ROADHOUSE」が、2016年モデルでさらにパワーアップ。また、手頃なスペックとした「WHEELHOUSE」も登場しています。

まずはROADHOUSE(ロードハウス)から。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

フレームカラーは「Gloss Raw」です。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

使用されるチューブは、レイノルズ・853です。そして、フロントディレイラー台座が、金色に縁取られているのがわかるでしょうか。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

2017年モデルでは、フィレットブレージングになりました。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

もともと、クラシカルな雰囲気と現代的な雰囲気が同居しているモデルでしたが、よりいっそう、過去と現在を行き来したような独特の世界観に。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

ボトルケージ台座まで。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

引き続き、テーパーヘッドを採用。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

そして、ボリュームのあるカーボンフォーク。

_DSC3407

ホイールは、マヴィック・キシリウムエリート ディスク オールロード。そしてタイヤは、シュワルベ・S-One レースガード 700×30Cです。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

ハブはフロントが100×12mmスルーアクスル(2016年モデルは15mmでした)、リアが142×12mmスルーアクスルとなっています。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

フラットマウントを採用し、ブレーキは油圧式のシマノ・RS805を装備。チェーンステー後方の造形が2016年モデルよりシンプルになりました。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

メインコンポーネントは、リア11速のシマノ・アルテグラ。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

クランクはアルテグラの50/34Tです。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

リアスプロケットは11-32Tとワイド。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

トップチューブに書かれたROADHOUSEのロゴ。

ROADHOUSE
ROADHOUSE

見づらい角度で申し訳ありませんが、リアブレーキのオイルラインがダウンチューブに内蔵されています。

というわけで、一見2016年モデルとあまり変わらないようでいて、実は大きな進化を遂げたROADHOUSEですが、気になる価格も進化していまして、411,000円(税別)となっています。

だから……というわけではないかもしれませんが、手頃なスペックとしてお求めやすい価格を実現しているのが、次に紹介する「WHEELHOUSE(ホイールハウス)」です。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

全体のシルエットはROADHOUSEと似ています。カラーは落ち着いた「Gloss Blue」です。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

チューブは、こちらもレイノルズ・853を使用。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

こちらは溶接のウロコが見えますが、仕上げはきれいです。

もちろん、テーパーヘッドやカーボンフォークも採用されています。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

メインコンポーネントは、シマノ・ティアグラ。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

クランクはFSA Veloのコンパクトです。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

ホイールはアレックス・CXD6、タイヤはシュワルベ・スパイサー K-Guard 700×30C。

WHEELHOUSE
WHEELHOUSE

フロント100×12mm/リア142×12mmスルーアクスル、フラットマウント台座といった特徴もROADHOUSと共通。ブレーキは機械式ディスクのTRP・スパイヤーです。こちらも、チェーンステーの後方がシンプルな形状になっています。

WHEELHOUSEの価格は、185,000円(税別)です。

リンク: KONAWORLD | カナダノースショアのMTBブランドKONA

リンク: KONA BIKES(本国サイト)

関連記事(2016年モデル): KONA 2016年モデル:フラットマウント採用のクロモリディスクロード「ROADHOUSE」 – CyclingEX

関連記事: KONA 2017年モデル:自由に走れるクロモリロード「TONK」&「PENTHOUSE」 – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like