PINARELLO 2017年モデル:RED eTap完成車もある「DOGMA F8」

DOGMA K8が話題のピナレロですが、先日一般向けに開催された2017年モデルの展示会でもっとも注目されていたのは、やはりDOGMA F8でした。

_DSC2818

チームスカイやジャガー等とのコラボレーションにより生まれた、エアロフォルムのロードレーサーです。

_DSC2832

ヘッド周り。

_DSC2827

ONDAフォーク。

_DSC2820

リア三角。

_DSC2962

シートチューブとシートステーの集合部。

_DSC2985

トップチューブを後方から。ちなみに写真のSKYカラーは国内在庫色となるようです。

_DSC2981

ドライブ側はPINARELLOロゴ、反対側はDOGMAロゴ。

_DSC2792

WIGGINSカラーも国内在庫色。

_DSC2828

DOGMA F8の価格は、フレームセットで615,000円(税別)です。

_DSC2812

こちらのDOGMA F8、よく見ると変速ワイヤー・電動コンポのケーブルといったものがありません。

_DSC2800

「DOGMA F8W」というモデル名。

_DSC2797

SRAMのワイヤレスコンポーネント「RED eTap」を搭載した完成車です。

_DSC2809

価格は、1,328,000円(税別)となっています。

最後に紹介する、こちらのはモデル。

_DSC2942

「ラ・ピナ サイクリングマラソン」20周年記念モデルとのこと。

_DSC2937

以前は「グランフォンド ピナレロ」と呼ばれていた大会ですね。

_DSC2949

専用のグラフィックを与えられ、しかもコンポーネントはRED eTapです。

_DSC2943

ホワイトとブルーのさわやかなカラーリング。

_DSC2951

当然、台数限定の販売です。

1,200,000円(完成車、税別)という価格設定がなされているそうですが、これはさすがに、大会に参加したことのあるサイクリストのもとに届いて欲しいように思います。

リンク: PINARELLO JAPAN | ピナレロジャパン オフィシャルサイト

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like