BRI-CHAN:シティサイクルのパンク修理にチャレンジ!

毎週金曜に更新している、ブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」。今週はシティサイクルのパンク修理にチャレンジしています。

_DSC3038

スポーツサイクルのパンク修理ですと、まずホイールを外してしまい、チューブごと交換する方法が一般的かと思います。

_DSC3107

今回は題材がシティサイクルなので、ホイールを外さないで、タイヤの中からチューブだけ取り出して……

_DSC3090

パンクした場所にパッチを貼り付けるという方法をとっています。

パッチを使った修理方法自体はスポーツサイクルでも使うことができます。興味のある方は、ぜひBRI-CHANの記事をごらんください。

リンク: シティサイクルのパンク修理にチャレンジしてみよう – BRI-CHAN

シティサイクルでも、タイヤやチューブが大きく痛んでいる場合は、やはりホイールを外して交換作業を行う必要があります。スタンドが付いていて、ローラーブレーキや内装変速機が使われているシティサイクルですと、クイックリリースやスルーアクスルのスポーツサイクルとは勝手が異なります。それはまた、別の機会に紹介できればと思います。

関連記事: 自転車をパンクさせたくなかったら空気を入れるのがいちばん – CyclingEX

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです