GIANT 2016年モデル:新型フレームを得たスポーツクロスの決定版「ESCAPE RX 2」&「RX 3」

かねてから予告されていた通り、GIANT(ジャイアント)のクロスバイク「ESCAPE RX」シリーズがフルモデルチェンジして発表されました。今回は「RX 2」と「RX 3」の紹介です。

展示会の写真はESCAPE RX 3のもので紹介します。RX 1の記事と重複する部分もありますが、ご容赦を。

16_ESCAPE_RX_3_neon_lime_angle

こちらは、RX 3のカタログ写真です。

では、各部を。

_DSC0873

従来のRXシリーズ同様シャープな造形で、ケーブルが内装式になっています。

_DSC0889

トップチューブ〜ハンドル周り。トップチューブの前方にあるケーブル穴は、実際の製品では逆サイドになるそうです。

_DSC0879

RX 3は新型でもアルミストレートフォーク。RX 2ではカーボンフォークとなります。

_DSC0872

RX 3のクランク。シマノ・アセラで、ギアは48/36/26Tです(RX 2も同様)。

_DSC0865

リアディレーラーは、RX 3ではアルタス、RX 2ではアセラです。スプロケットは、どちらも11−32T(9速)。

_DSC0888

新しいRXシリーズは湾曲したシートステーが特徴ですが、後方から見るとこんな感じです。

ちなみに、タイヤはもちろん700×28Cです。

_DSC0860

エルゴノミック形状のグリップ。

_DSC0885

スポーツ性能と、パッドなしでも乗れる快適性を両立させたサドル。

_DSC0896

わかりにくい写真ですが、RX 3、RX 2ともに、シートポストがD型断面の「D−FUSE」となりました。前後にしなることで振動吸収性に優れるとのことですが、GIANTオリジナルなので、他社のシートポストと互換性はありません。また、シートポストキャリアも使えません。RX 3のシートポストはアルミ、RX 2ではカーボンです。

全体を見ますと、RX 1の記事でも触れた通り、よりスポーツ性能のほうへ振った、そして質感を高めたモデルチェンジとなっています。シティバイクとしての性質を持つ「ESCAPE R 3」や「ESCAPE AIR」とのキャラクター分けは、よりはっきりしたのではないでしょうか。

カラーと価格の紹介です。まずは「ESCAPE RX 3」から。

ESCAPE RX 3 ブラック
ESCAPE RX 3 ブラック
ESCAPE RX 3 ブルー
ESCAPE RX 3 ブルー
ESCAPE RX 3 ネオンライム
ESCAPE RX 3 ネオンライム
ESCAPE RX 3 ホワイト
ESCAPE RX 3 ホワイト

サイズは370(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)、555(ML)mm、重量は10.3kg(465mm)、価格は69,000円(税別)です。

続いて「ESCAPE RX 2」です。

ESCAPE RX 2 マットダークシルバー
ESCAPE RX 2 マットダークシルバー
ESCAPE RX 2 レッド
ESCAPE RX 2 レッド

サイズは430(XS)、465(S)、500(M)、555(ML)mm、重量は10.3kg(465mm)、価格は80,000円(税別)です。

なお、ESCAPE RX 1の紹介記事については、下記をどうぞ。

GIANT 2016年モデル:新設計のフレームにTIAGRAを搭載したスポーティなクロスバイク「ESCAPE RX 1」

リンク:ジャイアント

[2016/7/6 追記]2017年モデルはこちら。

関連記事: GIANT 2017年モデル:スポーティーな走りを楽しめるクロスバイク「ESCAPE RXシリーズ」は最初の1台にもセカンドバイクにもぴったり – CyclingEX

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like