GIANT 2016年モデル:新設計のフレームにTIAGRAを搭載したスポーティなクロスバイク「ESCAPE RX 1」

ビギナーの1台目としてはもちろん、ベテランのセカンドバイクとしても楽しめる、スポーツ性能が高いのにとっつきやすい人気クロスバイク「ESCAPE RX」シリーズがモデルチェンジ。その最上位グレードである「ESCAPE RX 1」から紹介します。

_DSC0803

横浜・大さん橋ホールで開催された展示会。その会場奥に進んで、すぐにそれとわかる新型ESCAPE RXシリーズです。基本的なデザインテイストは初代〜2代目から踏襲されています。大きく変わったところとしてまず目につくのは、シートステーが湾曲していることですね。

_DSC0851

この、ボリュームがあって角ばったチューブ形状も、ESCAPE RXの特徴です。

_DSC0855

ヘッドチューブ周りです。ケーブルが内蔵式になりました。実際に販売されるときには、トップチューブ前方のケーブル穴も、こちら側(右側)になります。

_DSC0846

いかにも剛性が高そう。

_DSC0818

RX 1にはカーボンフォーク(アルミコラム)が装備されます。

_DSC0841

シートチューブは下のほうだけ太くなっていて、バンド式のフロントディレーラーが取り付けられています。

_DSC0820

コンポはシマノ・ティアグラ。フロントは50/34Tです。

_DSC0824

リアのスプロケットは11-32T(10速)。

_DSC0815

フロント周りに戻りますが、タイヤはもちろん700×28Cです。また、Vブレーキはシマノ・アリビオが採用されます。

_DSC0831

エルゴノミック形状のグリップ。

_DSC0835

シートポストが、D型断面の「D−FUSE」になりました。汎用性という面では一般的な丸いポストに劣ります。シートポストキャリアも使えません。

また、写真ではわからない重要な変更点として、新しいESCAPE RXシリーズは、フレームのジオメトリー(各部寸法)が変更になりました。リアセンターの短さはそのままに、トップチューブは従来よりも少し長くなっているのです。

16_ESCAPE_RX_1_matt_black_angle

ヘッドチューブ長は相変わらず長いので、ハンドル位置は高めに設定されますが、「今までよりもさらに、少しスポーツ性能のほうへ振った」と言えるでしょう。ESCAPE R 3やESCAPE AIR(←2016もあります)とのキャラクター分けが、よりハッキリしたとも言えます。

16_ESCAPE_RX_1_matt_black

2016年モデルの新型ESCAPE RX 1、サイズ設定は430(XS)、465(S)、500(M)、555(ML)mmの4種類、重量は9.8kg(465mm)、価格は100,000円(税別)となっています。

GIANTのWebサイトへの掲載は、もう少し先になるでしょう。

リンク:ジャイアント

ESCAPE RXシリーズは、他に「RX 2」と「RX 3」があります。これらは別記事にて。

こちら:GIANT 2016年モデル:新型フレームを得たスポーツクロスの決定版「ESCAPE RX 2」&「RX 3」

[2016/7/6 追記]2017年モデルはこちら。

関連記事: GIANT 2017年モデル:スポーティーな走りを楽しめるクロスバイク「ESCAPE RXシリーズ」は最初の1台にもセカンドバイクにもぴったり – CyclingEX

(Gen SUGAI)



送料無料/パールイズミ 【9334BL】 シティライド ウォーム プリントジャージ 4.ニット




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

2 thoughts on “GIANT 2016年モデル:新設計のフレームにTIAGRAを搭載したスポーティなクロスバイク「ESCAPE RX 1」

Comments are closed.