コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ 2015年版

今年もこの季節がやってまいりました。

「ロードバイクをはじめたい!」「予算はMAXで20万円」

そんなあなたに贈る「コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ2015」のお時間です。

[追記:2016年版、できてます。前編後編]

ロードバイク初心者(これからロードバイクを始めようと思っている入門者)にぜひともおすすめしたいのが「最初の1台だからこそ、エントリーモデルでも構わないので「まっとうな自転車」を「まっとうなショップで」購入するということです。基本的にインターネット通販はおすすめしません。そして初心者の方には中古ロードバイクもおすすめしません。

加えて、CyclingEXでは「安くあげたいとしても、せめて予算は“コミコミ20万円”で」と提案・おすすめいたします。ロードバイク本体と必要な周辺グズッズを合わせると、ゼロから始める場合はだいたい20万円は見ておいたほうが良い……と考えてください。その内訳については、これから見ていくことにしましょう。

ロードバイクが欲しいと思う理由は人それぞれだと思いますが、基本はやはり「サイクリング」ではないでしょうか。街乗りメインで週末ちょっと走りに行きたいだけならクロスバイクが良いですし、クロスバイクでロングツーリングすることだってできます。それでもロードバイクが欲しい!という人は、そのスタイルも求めているのかもしれません。

今回は「予算はMAX20万円」と上限は設けつつ「始めるからにはあるていどちゃんと揃えたい」、そして「この春から始めて、夏には遠くまでサイクリングに出かけたい」という前提で考えてみました。

というわけで、先に周辺グッズから見ていきましょう。下記のようなものが必要です。挙げている製品はあくまでも一例とお考えください。なお、価格はすべて税別です。

1 ヘルメット:KABUTO FIGO(6,500円)

20_2015_001

スピードの出るロードバイクでヘルメットは必須アイテム。

FIGO | FIGO | OGK KABUTO.

2 アイウェア:KABUTO BINATO-X(6,000円)

20_2015_002

サングラスとして、そして跳ね石などから目を保護するために、アイウェアを用意。

BINATO-X | BINATOシリーズ | OGK KABUTO.

3 ヘッドライト:OWLEYE Head Light 5LED(2,900円)

20_2015_003

夜道を照らし周囲に自転車の存在を知ってもらうための必須アイテム。

ライトウェイ-OWLEYE | ライト | 004 | ヘッドライト 5LED.

4 テールライト:OWLEYE HighLux M5 テールライト(2,400円)

20_2015_004

こちらも言うまでもなく必須。

ライトウェイ-OWLEYE | ライト | 007 | ハイラックス M5.

5 ベル:CATEYE OH-2400(700円)

20_2015_005

あまり鳴らす機会はありませんが、道交法上は必要。この製品はいろいろなところに取り付けられるので便利。ちなみに最近のロードバイク完成車はベルが付属していることも多いです。

OH-2400|CATEYE.

6 フロアポンプ:TOPAEK JoeBlow Sprint(6,200円)

20_2015_006

ロードバイクの空気圧は高圧なので、それに対応したフロアポンプ(空気入れ)を用意しましょう。

TOPEAK トピーク / JoeBlow Sprint [ ジョ-ブロー スプリント ].

7 携帯ポンプ:TOPEAK Pocket Rocket MasterBlaster(1,900円)

20_2015_007

出先でパンク修理をするのに必要な、小型の携帯ポンプです。

TOPEAK トピーク / Pocket Rocket MasterBlaster [ ポケット ロケット マスターブラスター ].

8 タイヤレバー:PARKTOOL タイヤレバー(530円)

20_2015_008

パンク修理で必要になる、タイヤレバー。

パークツール日本語版【ホーザン】TL-4.2C タイヤレバー.

9 予備チューブ:BBB ロード チューブ 700C 28×1-1/16 FV48mm(1,200円)

20_2015_009

パンクしたときは穴をふさぐのではなく、チューブ交換が基本。予備チューブを携行しましょう。

ライトウェイ-BBB | インナーチューブ | 003 | ロード チューブ 700C 28×1-1/16 FV48mm.

10 携帯工具:TOPEAK Mini 9(1,880円)

20_2015_010

ちょっとしたトラブルや調整に活躍する携帯工具。

TOPEAK トピーク / Mini 9 [ ミニ 9 ].

11 サドルバッグ:TOPEAK Aero Wedge Pack (Strap Mount) M size(2,300円)

20_2015_011

携帯工具や予備チューブ等を収納し、サドル下に取り付けます。

TOPEAK トピーク / Aero Wedge Pack (Strap Mount) M size [ エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) M サイズ ].

12 ロック:BBB コードセーフ 10×1500mm(2,800円)

20_2015_012

ロードバイクは「駐輪しない」のが理想ですが、それではコンビニでも入れないので、やはりロックは必要です。

ライトウェイ-BBB | ロック | 004 | コードセーフ 10×1500mm.

13 グローブ:KABUTO SPG-6(3,000円)

20_2015_013

手の疲労を軽減し、転倒時にはケガを防いでくれます。

SPG-6 | SPGシリーズ | OGK KABUTO.

14 メーター:CATEYE CC-VT210W(5,000円)

20_2015_014

やっぱりメーターは(スマホのアプリで代用するのではなく)メーターとして独立したものがあったほうが便利。

CC-VT210W|CATEYE.

15 ボトルケージ:BBB エコタンク(800円)

20_2015_015

ドリンクボトルのホルダーです。フレームに取り付けます。

ライトウェイ-BBB | ボトルケージ | 007 | エコタンク.

16 ボトル:KABUTO ビッグバルブボトル(900円)

20_2015_016

スポーツに水分補給は必須です。

BIG VALVE BOTTLE | ボトル | OGK KABUTO.

17 サイクルジャージ:mont-bell サイクール ハーフスリーブ ジップシャツ(6,100円)

20_2015_017

自転車用のジャージは吸湿速乾性能や自転車の乗車に適した裁断はもちろん、バックポケットがあるのが便利。

モンベル | オンラインショップ | サイクール ハーフスリーブジップシャツ Men's.

※レディースはこちら

18 サイクルパンツ:mont-bell サイクル ツーリングショーツ Men’s(7,600円)

20_2015_018

パッド付きサイクリングパンツ。

モンベル | オンラインショップ | サイクル ツーリングショーツ Men's.

※レディースはこちら

19 インナーシャツ:mont-bell ジオライン クールメッシュ タンクトップ(2,000円)

20_2015_019

速乾性のあるアンダーシャツの有無は、サイクリングの快適さを左右します。

モンベル | オンラインショップ | ジオライン クールメッシュ タンクトップ Men's.

※レディースはこちら

20 ソックス:PEARLIZUMI デザイン ソックス(1,000)

20_2015_020

サイクリングに適した薄手のソックスです。

デザイン ソックス (1)/自転車用ソックス/靴下/高品質な自転車用ウェア・サイクルジャージのパールイズミ.

21 シューズ:SHIMANO SH-R078(11,429円)

20_2015_021

シューズとペダルを固定するビンディングペダル対応のシューズです。

SH-R078 | ロード | サイクリング シューズ&ペダル | シマノ ライフスタイルギア -SHIMANO LIFESTYLE GEAR-.

22 ペダル:SHIMANO PD-R550(6,424円)

20_2015_022

PD-R550 | ペダル | サイクリング シューズ&ペダル | シマノ ライフスタイルギア -SHIMANO LIFESTYLE GEAR-.

ロードバイク用ビンディングペダルです。ペダリングの効率が良くなります。

23 ウインドブレーカー:mont-bell ウインドバイカー(6,286円)

20_2015_023

順番がちょっとおかしくなりましたが、気温の変化に対応するためにウインドブレーカーがあると良いでしょう。

モンベル | オンラインショップ | ウインドバイカー Men's.

※レディースはこちら

ここでようやく、周辺グッズの紹介が終わりました。さて、税別価格でいくら分になったか?

計算してみると「税別85,849円」でした。

ここからようやく、ロードバイク本体の紹介。2015年モデルは為替の影響で価格が上がっているので、ここまで挙げた周辺グッズを踏まえつつ20万円に収めようとすると選択肢は限られますが、無いわけではありません。「なんちゃって」ではない、メジャーブランドの入門モデルが手に入ります。

●GIANT DEFY 4(80,000円)

20_2015_defy4

レース向けではなくロングライド向けの乗車姿勢が取れる、ジャイアントの入門用ロードバイク。ドロップハンドルの手前側に補助ブレーキレバーがあるのも、初めての人には安心です。ちなみに女性向けには同社の女性向けブランドから「Liv AVAIL 5」というモデルが用意されています。

2015 Giant Bicycle [DEFY 4].

2015 Giant Bicycle [AVAIL 5].

2015/6/26 追記:DEFYに2016年モデルが出ているので、こちらも参考に。新型TIAGRA仕様も登場したGIANTのアルミロード「TCR」&「DEFY」 | CyclingEX.

●MERIDA RIDE 200(92,500円)

20_2015_ride400

メリダ -MERIDA- | ラインナップ | ロードバイク | RIDE 200.

メリダの入門用ロードバイク。先に挙げたジャイアントのDEFY 4と同様に、ロングライド向けの設計になっており、前傾姿勢が強すぎないのでビギナーにはぴったりです。

●TREK 1.1(税込92,000円)

20_2015_trek1_1

そしてこちらは、アメリカの大手ブランド・トレックの入門グレード。標準で穴あきサドルが付いています。

1.1 – Trek Bicycle.

●SPECIALIZED ALLEZ(税込84,000円)

20_2015_ALLEZ

こちらもアメリカの大手ブランド、スペシャライズドの入門モデル。ここに挙げたロードバイク本体の中では、どちらかというとレース志向なポジションになります。

スペシャライズド・ジャパン.

●BIANCHI VIA NIRONE 7(93,000円)

VIA_NIRONE_7_2015

ビアンキのロードバイクの中ではもっとも安価なモデルですが、上位モデルに通ずるルックスで、スポーティすぎず、かといって安物っぽくもありません。

CYCLEUROPE JAPAN | Bianchi | BIKES | ROAD | C2C – ENDURANCE RACING | VIA NIRONE 7 ALU CLARIS 8SP COMPACT.

●SCOTT SPEEDSTER 50(98,000円)

238353

パッと見はレース向けを想像させますが、フレームのヘッドチューブと呼ばれる部分が比較的長めで、上体が起きたポジションを出しやすいようになっています。

SPEEDSTER 50 | SCOTT JAPAN.

●FUJI BALLAD R(90,000円)

fuji_ballad_r_2015

クロモリフレームで、しかも変速レバーがフレームについたレトロなイメージのロードバイクです。

ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)、FUJI track(フジトラック)/ピストバイク|FUJI BIKE [フジ自転車],株式会社アキボウ.

●MIYATA ITAL SPORT(97,222円)

ITAL_SPORT_2015

FUJI BALLAD Rよりはもう少し現代的なルックスを持ったクロモリロードバイク。アヘッドステムやカーボンフォークを採用し、スポーツ性能も重視しています。

MIYATA自転車 | MIYATA | ラインナップ | イタルスポーツ | イタルスポーツ.

というわけで、いくつか紹介してみました。とくに車体に関しては各メーカー/ブランドの最廉価モデルが中心となりますが、それでもちゃんとしたメーカー/ブランドのものから選ぶことは可能です。

車体とグッズの合計金額も見てみましょう。

例えばロードバイク本体に税別80,000円のGIANT DEFY 4を選択すれば、周辺グッズが税別85,849円、合計して消費税8%も加算すると、金額は「税込179,117円」となります。

今後まだ値上げするメーカーもあると思うので少し余裕を持たせてありますが、コミコミ20万円という目標はとりあえずクリア。他にもメンテナンス用品等、持っておいたほうが良いものはたくさんありますし、ウエアもこのままでは一張羅になってしまいますが、それは少しずつ買い足していけば問題ないでしょう。

また、周辺グッズにもう少し優先順位を付けて絞り込むとすると、上に挙げた1〜16までが必須、そしてサイクリングパンツの替わりにパッド付きのインナーパンツ(PEARLIZUMI メッシュ インナーパンツ、税別3,500円)を買うとすれば、イニシャルコストは下がります。ペダルはフラットペダル、靴はとりあえず手持ちのスニーカーで。

この場合、周辺グッズの合計は「税込52,391円」です。ロードバイク本体を合わせて14〜16万円くらいに収まります。また、全体の予算がコミコミ20万円なのであれば、その分ロードバイク本体をもう少し上のグレードにすることもできますね。もちろん、周辺グッズは後から買い足したほうが良いのは言うまでもありません。

いずれにしても強調しておきたいのは、トータルの予算を抑えたいからといって、初めての人がネットオークションの中古ロードバイクに手を出したり、29,800円で売っているなんちゃってロードバイクに手を出すくらいなら、ちゃんと貯金して、最低でもここに挙げた金額を出せるようにしたほうが、結果としてずっと幸せだということです。もしくは最初の1台はクロスバイクにしましょう。

ロードバイクを買うのはクロスバイクで春夏秋冬過ごしてからでも悪くない | CyclingEX.

すっかり記事が長くなってしまいました。毎度毎度の締め文句ではありますが、ロードバクを始めたいと思っている人にとって何かの参考、イメージを膨らませる手助けになれば幸いです。

※2015年4月23日加筆修正

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like