あの定番クロスバイクがついにモデルチェンジ!先行発表されたGIANT ESCAPE R3 2015年モデル

クロスバイクの定番を書き換えたジャイアントのESCAPE R3が最初に登場したのは、2005年モデルとして。それから10年、途中何度かマイナーチェンジを経てきたESCAPE R3ですが、ついに2015年モデルで完全リニューアルです。

関連記事:2015年モデル版・初心者のためのクロスバイクの見分け方・選び方

2015_ESCAPE_R_3_nyel_angle

これがその、2015年モデルのESCAPE R3。このアングルだと、何が違うのかわかりにくいですが……。

横向きの画像を並べてみましょう。

140620_2014_r3

↑2014年モデル。

2015_ESCAPE_R_3_ble_tone_c

↑2015年モデル。カラーは定番のブルートーン。

見比べてみると、フレームが完全に新しくなっています。上部のトップチューブは扁平形状をしているようで、とくにシートチューブとの接合部分でそのようになっています。ESCAPE RXシリーズに少し似ていますね(しかしRXシリーズよりは丸みを帯びて、従来のR3に近いイメージです)。

そしてフレームの後側のシートステーと呼ばれる部分が湾曲しています。従来モデルもかすかに湾曲して見えるのですが、2014年モデルと2015年モデルでは、湾曲している向きが逆なのがわかると思います。このフレーム形状は、より振動吸収性を高めることを狙って採用されたようです。

そして、ついに?サスペンションシートポストが廃されていますね。

また、

140620_r3_compo

メインコンポーネントが従来はSRAM・X4等だったのが、2015年モデルではシマノ・アルタスになりました。

以下、簡単なスペックです。

サイズ:370(XXS)、430(XS)、465(S)、500(M)mm
重量:10.2kg(500mm)
カラー:ブラックトーン、ブルートーン、ホワイト、
ネオンイエロー、キャンディレッド
フレーム:ALUXX-Grade Aluminum
フォーク:クロモリ
ドライブトレイン:シマノ・アルタス/M191
クランクセット:PROWHEEL SWIFT Triple
ブレーキ:シマノ・EF51+テクトロ・RX1
ホイール:GIANT SPINFORCE LITE
タイヤ:MAXXIS DETONATOR 700x28C
変速段数:24(3×8)

700×28Cのタイヤを履いたスピード系のクロスバイクという基本フォーマットは変わっていませんが、10.2kg(500mm)という重量が光りますね。Airとの差が縮まりました(ちなみにAirは500mmサイズで9.9kgと、さらに軽いのは確かなのですが)。

ブルートーン以外の各カラーの画像です。

2015_ESCAPE_R_3_blk_tone

↑ブラックトーン。

2015_ESCAPE_R_3_wht

↑ホワイト。

2015_ESCAPE_R_3_red

↑キャンディレッド。

2015_ESCAPE_R_3_nyel

↑ネオンイエロー。

価格は52,000円(税別)、7月上旬より発売予定とのことです。

Giant Bicycle.

関連記事:クロスバイクの選び方

関連記事:これからクロスバイクが欲しいという人のために、GIANT ESCAPE R/AIR/RX、そしてGRAVIERの違いをおさらいしてみる(2015) | CyclingEX.

(Gen SUGAI)




catalog_wide_bn

「これから始めたい人のための自転車カタログ」鋭意更新中

cropped-eu_top_y2015

ESCAPE乗りのためのWebマガジン「ESCAPE USERS」

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like