GIANT 2014春の追加モデル:入門ロードの「DEFY 4」

※2014年モデルの記事です。2015年モデルの情報はこちら。

ビギナーに快適性と安心感を提供するGIANTのロードバイク「DEFY 4」と「AVAIL 5」 | CyclingEX.

GIANTが、毎年恒例の「春のニューモデル」を投入しています。今回はその中から、ロードバイクの「DEFY 4」の紹介です。

140205_defy4_001

レース向けの「TCR」シリーズに対して、トップチューブは短く、ヘッドチューブは長くというエンデュランス系のジオメトリーとし、取っ付きやすくしているのが「DEFY」シリーズです。従来、ローエンドモデルは「DEFY 3」でしたが、為替等々の影響もあって2014年モデルのDEFY 3は10万円オーバーに。そこで……ということでしょうか、パーツスペックを変更して10万円以下の価格を実現したのが、今回の「DEFY 4」です。

140205_defy4_002

DEFY 3のメインコンポーネントは、リア9速のシマノ・SORA。それに対して、DEFY 4はリア8速のシマノ・CLARISを採用しています。CLARIS? そう、以前の「2300」に相当するコンポーネントで、型番は2400です。

140205_defy4_003

冒頭の写真でわかるように、ドロップハンドルの手前側にサブブレーキレバーが付いています。タイヤは、ロードバイクとしてはちょっとだけ太目の700×25C。そしてギアはフロントが50/34T、リアは11-32Tを装備。いちばん軽いギアは34×32Tですから、ビギナーの方がヒルクライムにチャレンジするにもぴったりです。これより軽いギアが欲しかったら、フロントトリプルの「PACE」や、クロスバイクの「ESCAPE RX」シリーズなどを検討したほうが良いですね。

サイズ展開は430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm。重量は465mmサイズで9.6kgとなっています。そして気になる価格は80,000円(税抜)です。

製品情報はこちらからどうぞ。

2014 Giant Bicycle [DEFY 4].

関連記事:消費税8%になった今だけど、20万円で始めるロードバイクライフ2014・グッズ編 | CyclingEX.

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like