ブリヂストンの新・街乗り自転車「STEPCRUZ」のご先祖さま!?

今年に入ってブリヂストンサイクルから発表された、街乗り自転車の「STEPCRUZ(ステップクルーズ)」。またぎやすいV型フレームで、通勤・通学・買い物と、何でも使える「新しいスタンダード」を目指した商品です。

こちらが、その「STEPCRUZ」。

140227_001

電動アシストバージョンもあります。

140227_002

STEPCRUZ DEBUT! ブリヂストンの電動アシスト自転車.

さて、このSTEPCRUZは、今現在街でよく見かけるV型フレームを採用していますが、この形状はブリヂストンサイクルにとってこだわりのあるものです。実はご先祖さまがいます。

それがこちらの自転車。1984年の「OSLO(オスロ)」です。

140227_003

カッコイイ!そしてSTEPCRUZがこのOSLOのデザインをかなり忠実に(もちろん設計自体はまったくの新規なのですが)再現していることがわかります。

そして、なぜ「OSLO」という名前か。実はこんなオプションがありました。

140227_004

このOSLOには「ウインターサイクル」なる呼び名がありました。つまり、雪国仕様車だったのです。そして、雪国での走行安定性を考えて採用されたのが、V型フレームでした。ダウンチューブとシートチューブをつなぐハンディバーは、自転車を持ち上げやすいのと同時に、強度の確保にも役立っています。

そして、2014年。

140227_005

街で便利なまたぎやすいフレームで、タフな使用に耐えること、そして、ちょっとスポーティーで男女問わず乗れるデザイン……そんな自転車を開発するにあたり、着目されたのが、このOSLOのデザインでした。

ただ、今回のSTEPCRUZはいわゆる軽快車のジャンルであって、とくに雪国うんぬんといったことは考慮されていません。OSLOは思い切ったコンセプトであった分、独特の、かつわかりやすい格好良さがあるように思います。

OSLOの写真を見て、すぐにコレを思い浮かべました。

ホンダの「CT110ハンターカブ」。

今なら、こちらですね。

140227_007

CROSS CUB | Honda.

ちょっと話がそれましたが、「STEPUCRUZ」をベースにして、よりいっそう「OSLO」に近づけてみるのも面白いかもしれません。

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like