時代先取り?89年の700Cハイブリッドバイク「ARAYA MF700-CX-F」

先日、新家工業(アラヤ、ARAYA)が80年代末に発売した26インチのコミューターを紹介しましたが、同社は1989年に700Cのクロスバイクを発売していました。

140220_araya_000

モデル名は「MF700-CX-F」。クロスバイクという言葉は無かったようです。

MTBを軽量、高速化してオンロードもオフロードも軽快に走れるようにしたモデル。クロモリのリヂッドフレームですが、重量は11.3kg(カタログ値)と、今見てもなかなか軽量です。

140220_araya_001

当時の価格は75,800円。MUDDY FOX(マディフォックス)シリーズのエントリーグレードよりは少し高い設定でした。

140220_araya_002

ホリゾンタルバージョンとスローピングバージョンを用意することで、2サイズとしていたようです。

市街地のオンロードを軽快に駆け抜けて、里山に入ってオフロードを楽しむ……なんて用途の他に、フィットネス用途も視野に入っていました。

この「CX」というモデル名は、近年復活したARAYAブランドのクロスバイクにも受け継がれています。

また、1990年にはこんなモデルも登場していました。

140220_araya_003

CXシリーズが進化したドロップハンドルモデルです。

これらの自転車、以前紹介した「CO-MF 26-C」と同様に、今の時代に通用するものだと思います。オンロードを快走できる、だけどタイヤが太目で安心感があって走破性高い……今でも通用するどころか、とても「今っぽい」かも?

ARAYA Bicycle Project アーカイヴページ.

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです