SSTBクロモリチューブを用いたランドナー「MIYATA EIGER」

ミヤタが今ひそかに?力を入れているのが「MIYATA SPORTS」というカテゴリーの車種。プレミアムな完全受注生産モデル「MIYATA JAPON」のスピリットを受け継ぎつつ、マスプロ製品としてスチールフレームのバイクを展開しているのです。

単なるノスタルジーでは終わりません。伝説とは時代とともに進化していくものだから。私たちには伝説と、そして使命があります。

引用元: MIYATA自転車 | MIYATA SPORTS.

ラインナップはロードバイク中心ですが、中にはこんなランドナーも。

140109_EIGER_001

650Bタイヤを採用したランドナーモデル「EIGER」です。

140108_EIGER_002

ミヤタが独自開発したSSTBクロモリチューブを使用。SSTBとはスパイラル・スプライン・トリプル・バテットの略で、トリプルバデットチューブの内側に、5本の補強リブをスパイラル状に配しているのが特徴です。

フレームサイズは470mm、520mm、550mmで、重量は12.8kg(520mm)。完成車価格は139,000円(5%税込)となっています。

MIYATA SPORTS EIGER

ちなみに、「MIYATA JAPON」のほうには「EIGER PRO」というモデルもあります。

140108_EIGER_003

こちらはセミオーダー可能で、フレームセットが330,000円、完成車が530,000円(ともに5%税込)という高級車!です。

MIYATA JAPON EIGER PRO

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like