ミヤタ「クオーツエクセルライト」がカタログ落ちしていた

ミヤタの2014年モデルカタログで一般車を見ていたときに、気づいてしまったのです。2013年のカタログでは表紙を飾っていた、あの「クオーツエクセルライト」が掲載されていないことに。

140117_001

これがクオーツエクセルライト。

140117_quartz_xl_os21_L

この「クオーツエクセルライト」、見た目はシンプルなシティサイクルですが、ミヤタのラインナップの中ではフラッグシップに位置づけられています。

引用元: これがミヤタのフラッグシップ!軽さにこだわったシティサイクル「クオーツエクセルライト」 | CyclingEX.

装備はシンプルですが、26インチ・シングルスピードモデルで12.2kg、26インチ・3段変速モデルで12.7kgという重量を実現していました。

確かに「お前、買うんか」と問われれば、自分では買いません(自転車足りてるから)。でも「シティサイクルで軽くてイイやつってないの?」と聞かれれば、「クオーツエクセルライト」のスタッガード型、もしくはブリヂストンサイクル「スーパーライト」のスタッガード型を挙げていました。

ミヤタ・クオーツエクセルライトの名前は、いちおう残ってはいます。が、U型フレームの「クオーツエクセルライト 高級婦人車」バージョンのみの展開となってしまっています。

実は、ブリヂストンも「スーパーライト」をやめてしまっているんですよね。U型の「カルーサライト」というのが、あるにはあるのですが。

なにげに残念なのですが、無くなるということは、商売にならないということなんでしょうね。

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです