Panasonic「POS」2014年モデルの完成車見本がかっこいい

サイクルモードのときに、Panasonic「POS」のツーリングモデルを紹介しましたが、今回はロードモデルの2014年モデルを。

■ORCD01/FRCD01

サイクルモードの会場で思わず見とれてしまったのが、グラベルライドを視野に入れたエンデュランス系ロードとして登場した「ORCD01」です。

131220_001

安定した制動力をもつメカニカルディスクブレーキを搭載したロングライド専用設計のORCD01。ブレーキング時に、後三角にかかる大きな応力に対する剛性を確保したロストワックス製のオリジナルディスクエンド、低重心ジオメトリーによる優れた走行安定性、剛性のバランスに優れたクロモリプレステージチューブを採用。

引用元: ORCD01/FRCD01 | ロード/クロモリ | POS | 自転車 | Panasonic.

131220_002

機械式ディスクブレーキとカーボンフォークを採用。タイヤは700×28Cまで装着できる設計となっています。完成車重量は10.0kg(550mmサイズ)。

完成車の希望小売価格は5%税込で246,750円〜。また、フレームセットの「FRCD01」は5%税込で147,000円〜です。

■ORC17/FRC17

Panasonicと言えばチタンなわけですが、あえてそれをパスして紹介するのが「ORC17」です。

131220_003

完成車見本がかっこいい!

ORC17は一見クラシカルなバイクに見えるが十分にレースで闘えるスチールバイクだ。クロムモリブデン鋼にニッケルを加えることで粘りをもたせたニッケルクロモリチュービング。この粘りは時に硬く感じるかもしれないが、薄肉化することでしなりを持たせ、絶妙なバネ感を発揮する。

引用元: ORC17/FRC17 | ロード/クロモリ | POS | 自転車 | Panasonic.

オーバーサイズのヘッドチューブとカーボンフォークを採用しています。

131220_004

シマノDi2専用フレームが選択可能です。重量は8.8kgと発表されています(ULTEGARA仕様、550mmサイズ)。

完成車の希望小売価格はULTEGARA仕様が5%税込で280,350円〜、 105仕様が5%税込で231,000円〜。フレームセットの「FRC17」は5%税込で135,450円〜です。

■FRC37

131220_005

FRC37は、フレームセットのみのモデル。

ロードとスポルティーフの中間的な仕様のFRC37。前三角のクロモリダブルバテッドチューブとリアの強靭なHi-Tenチューブが頑丈でありながら快適な乗り味を実現する。

引用元: FRC37 | ロード/クロモリ | POS | 自転車 | Panasonic.

57mmのロングアーチブレーキ用に設計されているので、タイヤは700×28Cが装着可能です。また、キャリヤやドロヨケの取り付けにも対応します。希望小売価格は5%税込で75,600円(フレームセット)です。

■ODR5

131220_006

ODR5は、カジュアルな雰囲気を持ったクロモリロードです。完成車見本の明るい雰囲気が良いですね。

気軽にオーダーできる本格ロードバイクといえるODR5。ロングライドはもちろん、シティコミューターとしてもおすすめの一台だ。

引用元: ODR5 | カジュアル/クロモリ | POS | 自転車 | Panasonic.

タイヤは700×25C。キャリヤやドロヨケの台座も標準装備です。標準仕様はメインコンポーネントをリア8速のシマノ・CLARIS(2400)としていますが、その分、お求めやすい価格にもなっています。希望小売価格は標準仕様が5%税込134,400円〜、そしてTIAGRA仕様が149,625円〜です。

その他に、もちろんチタンロードや、

131220_007

シクロクロス、

131220_008

そしてMTBも、ツーリングモデルも健在です。詳しくは、パナソニックサイクルテック「POS」のWebサイトでどうぞ!

POS(パナソニックオーダーシステム) | 自転車 | Panasonic.

(Gen SUGAI)







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです