カーボンベルトドライブのシングルスピード「HELMZ SSSD SR1」をcharifuriがカスタムするとこうなる!【PR】

【CyclingEX×charifuri タイアップコンテンツ】

2013年秋に発表され、この冬にデリバリーが始まった、ブリヂストンサイクルの「HELMZ(ヘルムズ) SSSD」。今までのベルトドライブの常識をくつがえす「カーボンベルトドライブ」のシングルスピードを採用、しかもロードバイクのホイールがそのまま使用できるというこのHELMZ SSSDを、あの「charifuri」がカスタマイズしました。

SSSD_001

話題のストリートクルーザー「HELMZ SSSD」は、一見するとエアロデザインのフレームを持ったシングルスピードですが、そのドライブトレインに目を向ければ、これがベルトドライブのバイクであることがすぐわかります。しかも、ノーマルのホイールはフルクラムの「レーシングCX」。そう、このHELMZ SSSDは、ベルトドライブのシングルスピードでありながら、ロードバイク用のホイールがそのまま使用できる、スポーツバイクの新しいカタチなのです。

参考記事:リアの歯数は変更可能!ブリヂストンサイクル・HELMZにカーボンベルトドライブのシングルスピードが登場

製品情報:HELMZ 2014 / SR1,SR10.

そんなHELMZ SSSDのドロップハンドルモデル「SR1」を、東京・恵比寿にあるサイクルショップ「charifuri(チャリフリ)」がさっそくカスタマイズしました。charifuriは、ブリヂストンサイクルとともにHELMZを開発したサイクルアパレルブランド「narifuri(ナリフリ)」が作った自転車店で、HELMZをメインに扱うショップ。つまり、HELMZのお膝元によるカスタムと言えます。

chaifuriの福永弦生店長は、今回のカスタムのポイントについて次のように話してくれました。

「ピストブームもすっかり落ち着いて、今は本当に自転車が好きな人だけが楽しんでいる状況ですが、今回のカスタムでは“ブームの頃にみんなが憧れたあのスタイル”を意識しました。つまり、エアロデザインでボリュームのあるフレーム、ブルホーンバー、そして前後ディープリムホイールです」

そして出来上がったのが、こちらのバイク。

SSSD_002

かなり、目立ちます!

SSSD_003

今回用いたホイールは、ロード用の「コスミック CXR 80 T”」。ベルトドライブのシングルスピードでありながら、ロード用のホイールを使用するHELMZ SSSD。カスタムの際もホイールの選択肢が広がります。

SSSD_004

HELMZ SSSDのドロップハンドルモデル「SR1」には、25T、27T、29Tと3つのカーボンベルト専用カセットギアプーリーが付属しており、なんと交換可能。今回のカスタムでは、いちばん小さな25Tを使用。ギアレシオは2.92です。

SSSD_005

ホイールに合わせて23Cのチューブラータイヤを装着しています。ノーマルは700×32Cですから、ホイールと相まってだいぶ印象が変わりました。

SSSD_006

そしてハンドルは、プロファイルデザインのブルホーンバー「Airwing OS」に交換しています。カモ柄のバーテープはHELMZ純正のもので、バーテープ単体での発売も行われています。

SSSD_007

ブレーキレバーはカンパニョーロのTT/エアロバイク用。

SSSD_008

シングルスピードなのでワイヤーは前後ブレーキだけ。すっきりとしています。

SSSD_009

このカモ柄のサドルはノーマル。パーツとして単品発売もあります。

SSSD_010

HELMZがいっぱい並んだcahrifuriの店内に置いてみても、なんとも言えない存在感があります。

このHELMZ SSSD SR1、ノーマル状態ではスポーツ車の安全基準「SBAA」を取得しています。今回のカスタムを施した状態でも、フレームやブレーキ本体、カーボンベルトドライブのコンポーネント一式はノーマルのままですから、ルックスは派手でも安全でクリーンに楽しめるシングルスピードなのです。

■SHOP DATA
〒150-0034
東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル1階
TEL 03-6416-9301
http://www.charifuri.com/

インプレッションへ続く

提供:charifuri
車両協力:ブリヂストンサイクル

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです