アンカーから小学3~6年生に向けたジュニアロードバイクが登場

ブリヂストンサイクルが、ANCHOR(アンカー)ブランドからジュニアロードバイクを発表していました。

131209_rj1_L

ニュースリリースはこちらです。

ブリヂストンサイクル株式会社(社長:竹内 雄二)は小学3~6年生に向けた本格的ジュニアロードバイク

「ANCHOR RJ1」(アンカー アールジェーワン)を新たに開発し、全国の販売店を通じて、12月中旬より発売します。

引用元: ニュースリリース.

親がロードバイクにハマるのをきっかけに、お子さんも含め家族で楽しまれたり、お子さんがレースにチャレンジしたりといった様子を見かけることが多くなってきました。ただ、ジュニア向けのロードバイクは選択肢が少ないので、苦労している方もいるのではないでしょうか。

今回アンカーから登場した「RJ1」はアルミフレームで、フレームサイズは350mm、ホイールは24インチとなっています。小学3~6年生をターゲットとし、実際に小学生の体型やライディングポジションを測定して開発されました。乗車可能身長は130~150cmとなっています。

ドロップハンドルは幅340mm、クランク長は152mm。ハンドルステムは70mmと90mmの2本が付属します。メインコンポーネントはシマノ・クラリス(2×8)で、ドロップハンドルの上部に補助ブレーキレバーが付きます。

フレームカラーはレーシングレッド、レーシングホワイトの他、カラーオーダー(追記:フレーム販売の場合)に対応します。

131209_rj1_color

価格は5%税込で90,000円。また、フレーム+タイヤ付ホイールでの販売もあります(5%税込価格:80,000円)。

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです