クラシカルな双胴チューブ×ヤマハのハイテク:電動アシストのロードバイク「YPJ-01」

先日も紹介しましたが、現在開催中の東京モーターショーにおいて、ヤマハ発動機が電動アシストのロードバイク「YPJ-01」を展示しています。

_DSC0600

ヤマハの説明は下記の通り。

ヤマハから世界初の電動アシスト自転車「PAS」が誕生して20年。新しい価値の提案です。最小・最軽量クラスの電動ユニット採用によって、よりミニマルでスタイリッシュなデザインに。発進から加速、坂道でのアシストはもちろん、高速巡航時は基本性能の高いロードバイクとしても、高次元の走りを実現しました。さらに、スマートフォンと車体情報を連動させた新機能など、YPJ-01は新しい領域に向け、いよいよ走りだします。

引用元: YPJ-01|東京モーターショー2013 – イベント | ヤマハ発動機株式会社.

_DSC0612

ハンドメイドのフレームは、ダウンチューブが双胴になっています。

_DSC0576

今までの「電アシ」にはない、繊細なルックスです。

_DSC0592

チェーンリング側です。小型のバッテリーに目が行きます。また、MICHEのクランクが使われていて、面白いと思いました。

_DSC0582

電動アシストユニット。なかなか、コンパクトになっています。

_DSC0586

前後にディスクブレーキを採用しています。

_DSC0588

コンポーネントはスーパーレコード。

_DSC0614

リアのエンド周りです。

_DSC0597

操作パネルはなくて、コラムのトップキャップ上にiPhoneが鎮座。マウントはトピーク製品でしょうか。

最新のユニットと懐古調のフレームのこの電動アシストロードバイク、来場者の注目度はなかなか高かったようです。このまま市販されることはないとは思いますが、市販化を模索してはいるようです。

「ロードバイクにモーターなんて」と思う人が多いとは思いますが、電動アシストロードバイクには、電動アシストロードバイクの世界があるのではないかと想像しているので、このYPJ-01にも期待しています。

THE BIKE JOURNALにも記事が上がっていました。

世界で初めての電動アシストバイク「PAS」を世に送り出してから20年となるYAMAHAが東京モーターショーで世界初公開した電動アシストロードバイクがYPJ-01だ。

引用元: YAMAHAが超軽量ラグジュアリー電動アシストロードバイクYPJ-01を発表 | THE BIKE JOURNAL | バイクジャーナル.

電動アシストロードバイクと言えば、日本では「XROSS」があります。

合同会社ライフサイズモビリティが、以前より発表していた電動アシストロードバイク「XROSS ハイブリッドスポーツ B1h」のデリバリーを開始しました。

引用元: 電動アシストロードバイク「XROSS ハイブリッドスポーツ B1h」 | CyclingEX.

(Gen SUGAI)






BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like