ANCHORオーダーシステムのカラーがシミュレーションできる「COLOR LAB」が2014年版にリニューアル

ブリヂストンサイクルのスポーツ車ブランド「ANCHOR(アンカー)」のオーダーシステムがシミュレーションできる「COLOR LAB」が、2014年版に切り替わっていました。

COLOR_LAB

15万円からできる自分だけのオリジナル「ANCHOR ORDER SYSTEM」において、カラー選択に特化したANCHOR COLOR ORDER SIMULATION 「COLOR LAB」サイトに2014モデルをアップしました。

引用元: ニュース|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

「COLOR LAB」の名が示す通り、カラーのシミュレーションが基本です。試しに「RA6」でやってみましょう。

131022_001

上が初期状態。カラーは「レーシングレッド」。

131022_002

他のレーシングカラーに変えてみたり……

131022_003

単色にしてみたりできます。

131022_004

ロゴ、サドルやバーテープ、ワイヤー、モデルによってはタイヤの色などもシミュレーションできます(当該モデルに用意されている選択肢による)。

131022_005

つい、いろいろと、

131022_006

試したくなります。ひとつの画面で3つの設定を比較検討できます。

131022_007

シミュレーション結果をダウンロードすることも可能です。

131022_008

アンカーのロードの中では比較的フレームにボリュームがある「RS8」などは、結構なんでも似合っちゃう。

131022_009

2014年モデルから、シクロクロスバイクの「CX6」もカラーオーダーできるようになっています。

というわけで、いろいろ遊んでみましょう!

(Gen SUGAI)






BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです