GIANT 2014年モデル:ついに出てしまった禁断のFCR!?「FCR LTD」

初登場は確か2002年だったでしょうか。自転車通勤が注目されるようになり、街中をスピーディーに走り抜けるメッセンジャーの存在もだいぶメジャーになってきていました。そんなときGIANTから登場したのが、街を速く走るためのフラットバーロードの「FCR」シリーズでした。

そして2014年モデルで、ついに。

FCR_LTD_angle

ドロップハンドル付けちゃいました!

FCR_LTD

真横からもどうぞ。

ある者は「こんなFCRを待ってたんだ」「どうしてもっと早く出さなかった」と言い(※1)、別のあるものは「“F”じゃないし」と言ったとか(※2)。

※1 TCR AEROが忘れられている……

※2 FCR=Flatbar Compact Road

とにかく、出ました!アルミのエアロフレーム!ドロップハンドル! TCR AEROがラインナップから消えて久しいので、この組み合わせを待っていた人がいたのは、確かでしょう。

アルミのTTフレーム、エアロ形状のシートポスト(アルミ製)、そしてハイトの高いリムなど、とにかくヤル気にさせるデザインです。

メインコンポーネントは105で、20スピード。サイズは430(XS)、465(S)、500(M)mmで、重量は9.7kg。税別本体価格は170,000円となっています。

ちなみに、フラットハンドルのモデルもFCR 0(税別本体価格155,000円)/同1(税別本体価格135,000円)が用意されています。

ジャイアント

(Gen SUGAI)





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです