本日開催:シンポジウム「自転車の公共政策を斬る」~国・東京都の自転車政策はどうあるべきか~

本日、第二東京弁護士会による『「自転車の公共政策を斬る」~国・東京都の自転車政策はどうあるべきか~』というシンポジウムが開催されます。

自転車通勤をする人の増加など、近年の自転車ブームを受け、自転車の通行環境などについての問題点が噴出しているのも事実だ。自動車に代替する交通手段として自転車に着目してきた第二東京弁護士会が、自転車政策の第一人者をパネリストとして招き、国や東京都等の自転車に関する施策を掘り下げる。パネリストとして、B-NAVIで「疋田智の自転車多事争論」を連載中の疋田智氏も登壇する。

引用元: » 9月25日開催:シンポジウム「自転車の公共政策を斬る」~国・東京都の自転車政策はどうあるべきか~|BN-NET【ビーエヌ・ネット】.

以下、開催情報。

【日時】2013年9月25日(水)午後6時~8時
【場所】弁護士会館3階301号会議室
【参加費】無料
【申込方法】申込み手続は必要なく、直接来場すればよいとのこと
【主催】第二東京弁護士会 環境保全委員会

冒頭挨拶:谷垣禎一法務大臣(自転車活用推進議員連盟会長)
パネリスト:疋田智氏(TBS情報政策局プロデューサー、自転車活用推進研究会理事)
      小泉昭男氏(参議院議員、自転車活用推進議員連盟幹事、
            同議連自転車活用PT座長)
      木内秀行氏(第二東京弁護士会環境保全委員会委員)

電話で会場のキャパを聞いてみたところ、だいたい100人くらい、ということでした。

個人的には「斬る」みたいなスタンスはあまり好みではないけれど、それはさておき。

これ、行こう。Ustもあるらしいんだけど、それよりも、行ける人はみんな行きましょう。

立ち見が出ててんやわんやになるくらいになればいいんだ、自転車政策に関心がある人がこんなにいるんだってなればいいんだ……と、勝手ながら思っています。

第二東京弁護士会のWebサイトにおける案内はこちらです。

第二東京弁護士会ひまわり | シンポジウム「自転車の公共政策を斬る」~国・東京都の自転車政策はどうあるべきか~.

(Gen SUGAI)






BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです