アラヤ2014年モデル:ツーリング・ロードの「Diagonale」と、クロモリMTB「MuddyFox 650B」

今日は新家工業の展示会から、アラヤ(ARAYA)ブランドの2車種を紹介します。

まずは700Cのツーリング・ロード「Diagonale(ディアゴナール)」です。

IMG_4967

ディアゴナール(=対角線)とは、フランスの長距離サイクリングのひとつ。フランス国土に9本の対角線を引いて、それを走破するというものです。

ディアゴナールという製品名の自転車は過去他メーカーでも存在したそうですが、このアラヤの自転車は、長距離を速く快適に走ることができる、スチールフレームの入門スポーツ車となっています。

IMG_4971

分割式フェンダーを標準装備しています。

そしてシートステーの内側に穴が見えますが、

IMG_5038

ここにオプションのリヤバッグサポーター(税込12,600円)を取り付けることができます。フロントキャリアのオプションもあります(税込10,500円)。

コンポーネントはシマノ・クラリス(2300の後継コンポ)、サイズは500mmと540mmの2種類、価格は税込68,250円です。

そして次はこちら。

IMG_4993

MuddyFox 650Bです。

流行の650Bとなっても、やっぱりMuddyFoxはMuddyFox? クロモリフレームとクロモリリジッドフォークで、低く構えたフォルムが特徴です。リジッド、もしくは80mmのフロントサスペンションを想定し最適化したディメンションとのこと。

IMG_5036

コンポーネントはシマノ・デオーレで2×10スピード。チェーンリングは40-30-22、スプロケットは11-36Tが装着されています。

サイズは420mmと470mm、価格は税込89,250円となっています。

ARAYA Bicycle Project ホームページ.

(Gen SUGAI)






BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです