GIANT 2014年モデル:ファットタイヤでイメージチェンジしたSEEK 1/SEEK 2/SEEK 3

ロードバイクに近いクロスバイクであるESCAPE RやRXシリーズとは対照的に、MTB系のタフなフレームや太めのタイヤを採用してきたのが「SEEK(シーク)」シリーズです。2014年モデルでは、ちょっとキャラクターが変化しました。カタログではクロスバイクという言葉は出てきません。「アーバンパスハンター」を標榜しています。

まず、SEEK 1(税込105,000円)。

130914_SEEK_1_angle

こちらのモデル、まずフレームがファットタイヤ対応の新型となり、実際にシュワルベ・ビッグアップル 28×2.0というかなり太いタイヤを履いています。ETRTO径は50-622なので700Cと同じ径ですが、太さで言えば700×45C(47-622)より太いということになります。

そしてこのSEEK 1は、コンポーネントに8速のシマノ・アルフィーネを採用、そしてシマノのディスクブレーキも組み合わされています。都会的、そして高級なクルーザー的な立ち位置と言えるでしょう。

サイズは400(S)、450(M)、500(L)mm、重量は13.4kg(450mm)となっています。カラーはネイビー1色です。

外装変速仕様の「SEEK 2」(税込94,500円)もあります。

130914_SEEK_2

タイヤはSEEK 1同様にシュワルベ・ビッグアップル 28×2.0、コンポーネントはSRAM・VIA CENTRO(2×10スピード)、ブレーキはテクトロ・HDC300となっています。サイズは400(S)、450(M)、500(L)mm、重量は12.8kg(400mm)です。カラーはシルバーの1色のみです。

そしてVブレーキのベーシックグレードが「SEEK 3」(税込59,850円)です。

カラーは下記のとおり、マットブラック、ホワイト、マットライトブルーの3種類。

130914_SEEK_3_mblk

130914_SEEK_3_wht

130914_SEEK_3_mlble

コンポーネントはシマノ・アセラ他で3×8の24スピードで、タイヤは700×40C。2013年モデルは700×32Cでしたので、だいぶ太くなっています。フレームサイズは400(S)、450(M)、500(L)mm、重量は12.4kg(450mm)となっています。

なお、細かいところでは、外装変速のSEEK 2および3ではリアディレーラーを守る専用ガードが装着されています。街中でのタフな使用を想定しているようです。

リンク:ジャイアント

(Gen SUGAI)







BikeConscious



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです