エヌビーエスがフォールディングバイクブランド「Tern」の国内代理店に

DAHONから「飛び出した」という表現がぴったりくるフォールディングバイクブランド「Tern」。日本ではサイクルクリエーションが取り扱いを行ってきましたが、このたび、姉妹パーツブランドの「BioLogic」ともども、代理店がエヌビーエスに変わるという発表がありました。

20130813_tern

株式会社エヌビーエスは、フォールディングバイクブランドの「Tern」と、その姉妹ブランドでパーツ&アクセサリーを展開している「BioLogic」の取り扱い代理店となったことを発表した。Tern Bicycles Japan Official Fan Club「ASTERISK*」についても、株式会社エヌビーエスが引き継いで運営する。

引用元: » 株式会社エヌビーエスが「Tern」と「BioLogic」の取り扱い代理店に|BN-NET【ビーエヌ・ネット】.

Ternオフィシャルブログの記事はこちら。

この度、弊社株式会社エヌビーエスは、Tern Bicycles ならびに BioLogic の日本総代理店となりましたので、お知らせ致します。

引用元: Tern Bicycles Japan Official Blog: Tern Bicycles 日本総代理店に関するお知らせ.

これで、DAHON=アキボウ、Tern=エヌビーエスという体制になります。販売店の方などからすれば、予想の範囲内でしょうか。サイクルクリエーションがTernの取り扱いをしていたときから、展示会は常に同じタイミング、隣接会場で仲良くやっていたわけですから。

引き続き安定供給、安心対応でお願いいたします!

(Gen SUGAI)





Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like