自転車用エアバッグ「HOVDING」が10月に日本上陸

自転車に乗る人の頭部を保護するエアバッグシステム「HOVDING」の画像、見覚えがあるという方も多いのでは。

130806_hovding

これがなんと、日本で発売されます。

すでに産経デジタル「cyclist」で記事になっていたので、そちらを紹介。

「見えないヘルメット」と称されるこのシステムは、通常時は頭を全く覆わない状態でありながら、事故につながる挙動を検知した瞬間にエアバッグが広がり、地面などに頭がぶつかる前に頭部全体を覆う形になる。

引用元: ホーブディングの自転車用エアバッグシステム ヘルメットに代わる先進の安全装備 – cyclist.

センサーで衝突を感知するそうですが、制御が難しいのか『動作パターンは700C(27インチ)のバイクでのロードサイクリングを想定』とのことで、万人が使える……という段階ではないようです。日本での取り扱いはライトウェイプロダクツジャパンで、価格は65,100円(税込)、10月発売予定とのことです。

そんなタイミングでWIRED.jpでもHOVDINGが紹介され、それがヤフトピにも出て、ちょっとした話題になっているようです。

自転車用ヘルメットはダサいし、かさばる! それを解決するために、スウェーデンの大学院で工業デザインを学んでいた女子大生ふたりが、7年がかりで「目に見えない」ヘルメットを発明した。

引用元: 「目に見えない」自転車用ヘルメット:スウェーデンの女子大生が発明 « WIRED.jp.

自転車のエアバッグという発想は素晴らしいですが、今のところ、画像を見ると首周りがかなり暑そうですね(冬はいいかも?)。価格的にも、これだったら素直にヘルメットかぶったほうがいいかな?という印象。でもこうやって世に出ることで、よりいっそう進化していくのであれば、良いことだと思います。

(Gen SUGAI)





Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like