渋谷駅前の歩道橋から

夕方、渋谷駅前の歩道橋から周囲を眺めてみます。R246と明治通りが交わり、目の前には渋谷警察署……という、おなじみの場所。

IMG_4226

横断歩道はなくて、歩行者は歩道橋を渡ります。一方自転車は、自転車横断帯を通行します。上記写真では自転車が左側通行をしていますが、ここは自転車横断帯ですから、逆方向にも自転車が来ます。上記写真の奥側がどうなっているかというと、

IMG_4237

こういう感じ。

しかし、いちばんひどいのは反対側、つまりヒカリエ側です。

IMG_4229

歩道橋の階段があってすぐに自転車横断帯を歩道につなげられないので、この青いところを自転車が相互通行していくのです。ストリートビューで見るとこうなっています。


大きな地図で見る

クレイジーです。

一方、西側を見ますと……

IMG_4238

そう、青山通りことR246と、六本木通りが分岐しています。「車道を通行する自転車が六本木通り方面へ直進する」ということ自体が、想定されていない作りとなっています。白線が途中で消えて、分岐直前では左側は1車線になっているように見えるのは、これは何かのメッセージかもしれません。

警察署の前ですら、こういう状況です。

(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like