自転車を点検してもらおう

先の、RST製フォークを装着したビアンキの自転車による転倒事故に関する裁判、予告通り判決文が公開されていますね


Trips for Kids & Re-Cyclery
Trips for Kids & Re-Cyclery by James Willamor, on Flickr

さて現時点でユーザーがこの事故、もしくは「事件」から学ぶことがあるとしたらやはり「自転車は近くのリアルな販売店で買おう」「自転車は定期的に点検してもらおう」ということではないでしょうか。

みなさん、買ってから数年に渡って乗りっぱなしでノーメンテ状態の自転車があって、もしこれからも乗り続けるというのであれば、ぜひショップに点検してもらってください。

タイヤやチェーン等、目に見える消耗品は自分で交換される方が多いと思いますが、目に見えない部分はどうなっているかわかりません。とくに自転車通勤等で日々使っている方は、レースやトレーニングで使われているロードバイクなんかよりよっぽど酷使され、痛んでいるはずです。

ぜひ、地元のショップに持っていってみてください。いきなり持っていくのが不安だという方は「乗りっぱなしの自転車があるのだけれど点検してもらえないか」と電話を1本入れてみれば良いでしょう。引っ越し等で購入店以外に持っていく場合でも、臆することはありません。また、通販で買ったなら通販で買ったと正直に言いましょう。

乗りっぱなし、ノーメンテで良いことはありません。ぜひ、点検を!

注:点検だけでも有料になる場合があります。人が目と手を使って仕事をするわけなので。

(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like