20万円で始めるロードバイクライフ 2013春【グッズ編】

今年もこりずにやります。「20万円で始めるロードバイクライフ」2013年春バージョンです。

ロードバイクは一般的なシティサイクルと違って高価な自転車です。今までスポーツサイクルに縁がなかった人が、これからロードバイクを始めたいと思ったとき「ロードバイクって高いなぁ」と思うこともあるでしょう。

もちろん趣味で乗るわけなので、コストパフォーマンスがどうこうなどという考えを持ち込むのは不粋というものですが、少ない金額でスタートできるにこしたことはありません。一方で、ロードバイクの楽しさを味わうために最低限クリアしておいたほうがよいこともあって、とにかく安ければ良いというわけでもありません。そこで「せめてこれくらいは頑張りましょう」という目安として提案しているのが、20万円という金額です。

なるべく安く。でも、ホームセンターで売られているような「なんちゃって」のロードバイクではないものを。そして、ロードバイクライフを安全で楽しいものにするためのグッズも一通り揃えて、しかも総額を20万円に収める……そういう企画です。

そこでまず、その「ロードバイクライフを安全で楽しいものにするためのグッズ」について、実際に製品を挙げてみたいと思います。オススメというよりも「これくらいの金額で、とりあえずちゃんとしたものが買える」という目安として受け取ってただければ幸いです。

※画像のサイズ感がメチャクチャですがお許しください

●ヘルメット

頭部を保護するヘルメットは必須です。

130315 G001

KABUTO フィーゴ 6,300円

●アイウェア

日射しだけでなく、跳ねてくる小石等から目を守ります。

130515 G002

BBB セレクト 6,300円

●グローブ

手のひらを保護します。疲労の軽減にも。

130315 G003

KABUTO SPG-6 2,625円

●ライト

夜間走行するなら必需品ですね。

130315 G004

TOPEAK ハイライト コンボ エアロ 3,885円

●シューズ

ペダルとシューズを固定するビンディングシステム用のシューズ。

130315 G005

シマノ SH-R64 9,450円

●ペダル

シマノのビンディングペダルです。

130315 G006

シマノ PD-R540 5,880円

●ソックス

自転車用のシューズに適した薄手のソックス。

130315 G007

パールイズミ クールネス ソックス 1,260円

●アンダーシャツ

速乾性のあるアンダーシャツ。

130315 G008

パールイズミ クールアンダー ノースリーブ メッシュ 3,990円

●半袖ジャージ

自転車用のジャージです。

130315 G009

パールイズミ プレーン ジャージ 7,350円

●レーサーパンツ

結局のところレーパンに勝るボトムスはありません。

130315 G010

パールイズミ クエスト パンツ 5,775円

●ウィンドブレーカー

ウェア小物に割ける予算がないので、とりあえずウィンドブレーカーは買っておきましょう。

130315 G011

パールイズミ ウィンドブレーカー 8,400円

●サドルバッグ

携帯工具等を収納します。

130315 G012

BBB イージーパック M 2,310円

●携帯工具

出先での微調整等に活躍。

130315 G013

CRANK BROTHERS マルチ-5 ブラック 1,575

●フロアポンプ

ロードバイクのタイヤは高圧なので、それに対応したフロアポンプ(空気入れ)を。

130315 G014

TOPEAK ジョ-ブロー スプリント 6,510円

●携帯ポンプ

出先でパンクしたときには必要です。

130315 G015

TOPEAK レースロケット HPX 4,095円

●メーター

走行距離やスピードを知るために。

130315 G016

キャットアイ CC-VT100W 3,129円

●ロック

盗難防止に。

130315 G017

Master Lock ケーブルロック 8126EURDPRO 840円

●タイヤレバー

順番が前後しますが、パンク修理グッズ。

130315 G018

BBB イージーリフト 399円

●予備チューブ

サドルバッグに入れておきましょう。

130315 G019

BBB インナーチューブ 700C 28 x 1-1/16 FV33mm 735円

●ボトルケージ

ボトル保持のケージ。フレームに装着。

130315 G020

箕浦 AB100-4.5 900円

●ボトル

運動に水分補給は必須です。

130315 G021

ELITE CORSAチームボトル 600円

というわけで、ざっと挙げてみました21品目。他にもあったほうが良いものは挙げればキリがありませんが、総額20万円という縛りがあるので、このへんで。

さて、ここに挙げたものの希望小売価格(税込)を合計してみますと、

82,308円

という結果になりました。

設定している予算が総額20万円ですから、残りは、

117,692円

ということになります。つまり、必要なグッズも含めて20万円で揃えようとすると、車体にかけられる金額は11万円強になります。

というわけで、次回はこの11万円という予算で買えそうなロードバイク完成車をピックアップしてみたいと思います。

追記:車体編公開しました。

(Gen SUGAI)







Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like

One thought on “20万円で始めるロードバイクライフ 2013春【グッズ編】

Comments are closed.