自転車のパーツをレーザーマーキングしてみたい(※ただの願望)

iPodやiPadに、レーザーで文字を入れる(レーザーマーキング)サービスがあります。


スクリーンショット 2012 12 18 4 02 46


刻印とギフト包装 – Apple Store (Japan)


また、レーザー彫刻をやっている会社では、個人向けにレーザーマーキングを施してくれるところもあります。


自転車でも、アルマイト仕上げのアルミパーツにロゴがレーザーマーキングされているケースが多々あります。





だったらいっそ、クランク等に、


18 9000

自分で考えた模様や文言などをレーザーでマーキングしても良いかもしれません。例えば名前をでかでかと彫ってしまうと中古パーツとして手放すのが難しくなるかもしれませんが、その分、盗難防止にはなる、かな? CFRPの表面もいけますよね。色入れしないと目立たないかもしれませんが……。


盗難防止云々は関係ないとしても、手持ちのパーツをカラーアルマイト処理+レーザーマーキングなんていうのも、面白そうです。


シマノ「OVE」の古いブログの記事で、こんなのを見つけました。


OVEオリジナルステムキャップのご紹介: OVE GOODS

ご覧のように何の変哲もないステムキャップですが、シルバーポリッシュ+アルマイト、さらに*レーザーマーキング”OVE”のロゴが印刷されています。ステムキャップは自転車に乗ったときに必ず目の行くところです。シブく決めたいところですね。

検索してみると、レーザー彫刻機が使える環境にあって「自転車が好き」という方は、いろいろ試されているみたいです。業務時間外とかにやるんでしょうか(笑) その環境がうらやましい!


(Gen SUGAI)









Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです