初めてのロードにも……アンダー15万円のフルカーボンバイク「MERIDA SCULTURA EVO 901」

メリダといえば台湾第二の自転車メーカー。ジャイアントと同じようにOEM生産で会社を大きくして、今では自社ブランドを積極的に展開。ライバルのジャイアントと共に台湾メーカーの地位向上に尽力してきました。MTBのXCレースの世界でも目覚ましい活躍をしているほか、2013年からは、プロロードチーム「ランプレ」のサブスポンサーとなりバイクを供給、チーム名も「ランプレ・メリダ」となります。


そんなメリダのロードバイク、しかもフルカーボンのフレームを安価に手に入れることができるのが「SCULTURA(スカルチュラ) EVO 901」(税込149,900円)です。


03 merida 001


MIYATA自転車 | MERIDA | ラインナップ | ロードバイク | SCULTURA EVO 901

SCULTURA EVO 905、903と同じ3ピースモノコックのフルカーボンSCULTURA EVOフレームを採用しながら、手の届きやすい価格を実現したMERIDAのフルカーボンロードバイクのエントリーモデル。

日本円で15万円台、フルカーボン、10速ティアグラ……というトレンドにメリダが乗ってこないわけがありません。しかも、おとなしめのカラーリングで華やかさはないけれど、トップグレードと同様の形状で登場しました。テーパーヘッドや扁平形状でショック吸収性を高めたフレックスステーなどといった特徴も上位モデルゆずりです。


サイズは44、47、50、52、54、56cm、重量は8.4kg(50cmサイズ)、価格は149,900円(税込)です。


(Gen SUGAI)









Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like