日本人女性における伝統的な自転車での発進方法

ペダルに片足を乗せて、助走を付けてまたがる、いわゆる「ケンケン乗り」について観察した記事が、デイリーポータルZに掲載されていました。


121127 dpz

@nifty:デイリーポータルZ:自転車のおばちゃん乗り東西比較調査

自転車に乗る際、完全にまたがった後で走り出す方法ではなくペダルに足をかけて助走をつけながら乗り込む方法を個人的におばちゃん乗りと呼んでいる。

なぜか、おばちゃん乗りってすごく関西っぽいなと思っていて、他の地域ではどうなんだろうと気になったので調べてみた。


記事内では「おばちゃん乗り」と表現しています。


私も、この乗り出し方になんのメリットがあるのかよくわかっていない人間のひとり。勢いを付けるためか……くらいに思っていたのですが、実際にDPZの記事を読んで、「信号等で一時停止しているときは、おばちゃんでも自転車に股がったままである」という実態を知り、余計にわからなくなりました(笑)。


ちなみに、電動アシスト自転車でケンケン乗りをするとアシストが効いてしまい危険ですので、気をつけたいものです。


(Gen SUGAI)









Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです