米津さんの最新刊は小説。「追い風ライダー」発売中

「自転車で遠くへ行きたい。」でおなじみ、@pedalfar こと米津一成さんの最新刊は、小説!


121119 oikaze

タイトルは「追い風ライダー」です。


自転車小説を書きました。タイトルは「追い風ライダー」 – 自転車で遠くへ行きたい。

ロードバイクに乗り始めてから走った様々なコース、沢山見た景色、そこで出会った人たち、自転車を通じて知り合った多くの自転車乗りの方々、そんな記憶の断片が重なり合い、つながり、このストーリーになりました。

帯に書かれたコピーは「自転車は、人生も遠くまで連れて行く。彼と彼女と自転車の、勇気と再生のストーリー」。ちょっと気恥ずかしいコピーですが、著者的には、まさにそういうストーリーを書いたつもりです。

米津さんが小説を書いているという話は、だいぶ前にご本人から伺っていました。やっと出ましたね(笑) まずはおめでとうございます!


米津さんは自身のブログで次のように書かれています。

3つめのストーリーは、人生の折り返し地点に立った二人の中年男性の、それぞれの人生の「折り返し方」をテーマにしています。ストーリーを考えながら何度も荒サイを走りました。

サドルの上で書かれたといっても過言ではない?かも?


感想は……もし本人に会う機会があったら直接言おう(笑)


細かいディティールに米津さんの趣味が見受けられるような気がして、ほくそ笑みながら読んでましたけど。


徳間書店より、本体1,320円+税にて発売済みです。





(Gen SUGAI)









Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like