ラレー 2013年モデル:シマノ・ネクサスインター5採用の「Trent Sports」他

今回はラレー(Raleigh)の2013年モデル。相変わらず各国で独自モデルを展開していて、ラレージャパン=新家工業、ということになります。


●RSW Special(RSP)


20インチ、451サイズのホイールを履いたツーリング車のたたずまいが、個人的に気に入りました。





フェンダーを装備。実際にはスキンサイドのタイヤになるそうです。





補助ブレーキレバー装備。





シマノ・2300のリア8速仕様で、シフターはダブルレバー。




カラーはグロスブラックとアイボリー。重量は11.7kg。価格は税込79,800円です。


●Carlton-MU(CMU)


意外と言っては失礼ですが、フルカーボンのロードを3モデルも用意してきました。「最新のカーボンフレームに乗りたいけど、派手なものはいやだ」という、ニッチなところを突いています。こちらのCarlton-MUは、スリムなフレームに電動アルテグラをアッセンブルしています。





サイズは470、500、530、560mmを用意、カラーはパールホワイトのみ。価格は税込315,000円。各ブランドの2013年モデルで多く見られる「30万円台前半のフルカーボン+電動アルテグラ仕様」です。


●Carlton-M(CRM)


こちらはシートステーがやや湾曲したデザインのモノコックフレームに、シマノ・105をアッセンブル。





サイズは470、500、530、560mm、カラーはカーボン×ホワイト、価格は税込199,500円です。


●Carlton-E(CRE)


そしてこちらは、やはり2013年モデルで数多く見受けられる「フルカーボン、ティアグラ、15万円」の1台。





無所属感すら漂うシンプルなデザインです。コンポーネントはティアグラですが、STIは105。ブレーキはテクトロなど使わずに、ティアグラを採用しています。サイズは470、490、520、550、580mmと比較的多めに用意されています。カラーはグロスブラックのみ、価格は157,500円です。


●Trent Sports(TRS)


最後に紹介するTrent Sportsは、クロモリフレームに内装変速を組み合わせたモデルとして、過去数年に渡ってラインナップされてきました。





2013年モデルでは、インター8から新型インター5に変更されました。





ハンドル周り。





カラーはグロスブラックとアイボリーがあります。ホイールはグロスブラックのエアロリムが正しいものです。





サイズは440mmと510mm(水平換算トップで535と548)なので、ちょっと小さめ寄りですね。重量は11.6kg。価格は66,150円です。


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like