メリダ 2013年モデル:チームバイクのイメージを踏襲した電動アルテグラ仕様「SCULTURA EVO 905-E」他

メリダの2013年モデル展示会にも行ってきました。メリダと言えばMTBレースの世界で活躍していますが、ついにプロロードレースのチームにも供給されるそうで、近日中に発表があります。プロチームに供給される予定のモデルについては、こちらを読んでいただくとして……。


MERIDAがUCIプロチームにロードバイクを供給へ 2013年モデルで積極展開 – cyclist

台湾のスポーツバイク・メーカー「MERIDA」(メリダ)が2013年から、新たにUCIプロツアー・チームをスポンサードし、ロードバイクを供給することが決まった。これに合わせて同社はロードバイクのラインナップを強化。プロツアー仕様のハイエンドモデル「SCULTURA(スクルトゥーラ) SL TEAM」を開発し、2013年モデルとして世界市場に投入する。日本ではミヤタサイクルから発売される。

プロチーム仕様のスクルトゥーラ、かっこいい、これ欲しい!と思う人も多いでしょう。さすがにトップモデルだけあって完成車価格はスラム・レッド仕様で699,000円。フレームセット269,000円というのは、トップモデルとしては安価ですが。


一方、こちらのモデルなら多くの人にとって手が出しやすいのではないでしょうか。





「SCULTURA EVO 905-E」と名付けられたこのモデルは、チームバイクのイメージを踏襲したDi2専用設計のフレームで、電動アルテグラ完成車としたもの。













サイズは44、47、50、52、54cm、完成車重量は50cmサイズで8.2kg。そして価格は299,000円。30万円を切る価格設定にするためにブレーキをテクトロにするといった涙ぐましい?ところもあるのですが、魅力的な価格設定です。


エアロタイプのロードもあります。こちらの「REACTO 907」はアルテグラ完成車で、サイズは44、50、54cm、重量7.5kg(50cm)、価格は359,000円です。













メリダといったら、まだMTBのイメージが強いですね。こちらは、フルカーボンの29erハードテール「BIG.NINE CARBON TEAM」。アテネ五輪の女子XC金メダリストで現在も第一線で活躍するガン・リタ・ダールが使用しています。完成車価格は699,000円、フレームセットは199,000円。






おなじくフルカーボンの29erハードテール「BIG.NINE CARBON XT-M」。













テーパーヘッドになっています。




モデル名からわかるようにXT完成車で、フォークはFOX 32 Float 29 CTD 100。44、48、53cmの3サイズ展開で、重量は11.3kg(48cm)、価格は299,000円です。


代理店がミヤタに変わり、本格展開されるようになってきたメリダ。今後が楽しみなブランドです。バイクが供給されるプロロードチーム、どこなのでしょうね。


メリダ(ミヤタ)


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like